会社(事業系・法人)ではじめて粗大ゴミ(産業廃棄物)を捨てる時に読むガイドサイト【東京23区】

産業廃棄物のリサイクルって? リユース・マテリアル・サーマルリサイクル方法

「循環型社会形成推進基本法」が施行されてから、「廃棄物のリサイクル化」に注目が集まっています。
「リサイクル」とは再循環を指し、ゴミを原料(資源)として、あたらな製品の原料にしたり再利用したりすることをいいます。
事業所から出たゴミのリサイクルは、おおきく、熱回収(サーマルリサイクル)、再生利用(マテリアルリサイクル)、再使用(リユース)にわけることができます。

リサイクルの優先順位

「循環型社会形成推進基本法(2000年)」では、廃棄物処理やリサイクルの優先順位をこのように位置付けています。

1 リデュース(ごみの発生抑制)
2 リユース(再使用)
3 リサイクル
4 熱回収
5 適正処分

この優先順位でもわかるように、できるだけゴミを減らし、再利用することが求められています。
それでは、具体的にどようなリサイクル方法があるかを見ていきましょう。

再利用(リユース)

一度使用されたものを、そのままもう一度使用すること。具体的には、一度使ったペットボトルを簡易水筒や花びんとして再利用したり、事業者が使用済み製品を回収・洗浄して再び製品や容器として利用したりすることをいいます。
リサイクルの際に一番燃料や原料の消費が少ない方法になります。

再生利用(マテリアルリサイクル)

製品化された物を、素材として再利用することです。「再資源化」「材料リサイクル」「再生利用」と呼ばれることもあります。
具体的には、ペットボトル製品を原料として加工し、「ペレット」という小さい粒状の繊維素材を造る事などをいいます。
製品の原料によっては、何度もリサイクルできるものもあります。
また、化学反応により組織変換後に再生利用する「ケミカルリサイクル」を含むこともあります。
原料として再利用する場合、徹底した分別が必須となるため、リサイクルマークが製品や容器に表示されていることもあります。

再生利用(ケミカルリサイクル)

一度使用されたゴミ(資源)を、化学分解後に組成変換し再利用すること。
主に廃プラスチックのガス化やコークス炉化学燃料化などのことをいいますが、食用油を石鹸化や飼料化することなども一例になります。
またペットボトルをモノマーに化学分解したあと、「ペットTOペット」にする技術も含まれ、広い意味での「マテリアルリサイクル」と言われています。
日本では、ゴミを燃やす際の単純な熱回収をサーマルリサイクルと呼び、ゴミを固形燃料に加工したり、熱処理の際に出る可燃性ガスなどを利用したりするリサイクルは、ケミカルリサイクルに分類されます。

熱回収(サーマルリサイクル)

廃棄物を単に焼却処理するだけでなく、焼却の際際に発生する熱エネルギーを回収・利用して、燃料や熱源として使用することです。
燃やす際のエネルギーを利用するほか、ペットボトルやほかの紙製品等と一緒に加工をし、「固形燃料」を作り利用することもあります。
循環型社会形成推進基本法第7条では、製品そのもののリサイクルに次いで循環的な利用として熱回収が位置付けられており、推進されています。
廃棄物処理法(2010年改正)においても、ゴミを燃やす際の熱エネルギー利用の促進が促されています。

リサイクルで地球と経済に優しい環境に

ゴミのリサイクルといっても、そのままの製品を再利用するだけでなく、製品を加工したり、製品を燃やす過程の熱を利用したり、様々なリサイクル方法があります。
その前に、ゴミを出さないリデュース(ごみの発生抑制)などの工夫をこらし、地球環境や経済にも優しい環境を作ることがこれからの時代に必要なのかもしれません。

3Rとは?リユース・リデュース・リサイクルの違いを分かりやすく解説します!

3R は Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の3つのRの総称を指します。

日本では、2000年に「循環型社会形成推進基本法」において3Rの考え方が導入されました。
その中では、1.リデュース 2.リユース 3.リサイクルの順序で、環境に優しいとされています。

この記事では、3Rのそれぞれの言葉について分かりやすく解説していきましょう。

Reduce(リデュース)とは

Reduce(リデュース)は、ごみになるものの発生を抑制することで、無駄を省いて不必要な消費・生産を行わないようにする活動を指します。
具体的には、使い捨てのプラスチック袋の代わりにエコバッグを利用したり、物を購入せずにレンタルして済ますことで、物の消費を抑制し、結果的にゴミを減らすことに繋げます。
また、簡易包装の商品を選んだり、使い捨てではない充電式の電池を使うこともリデュースにあたります。

Reuse(リユース)とは

Reuse(リユース)とは、一度使った物をゴミとして捨てるのではなく、再使用することです。シャンプーや洗剤を詰め替えて同じボトルを使いまわしたり、古本屋やフリーマーケットを利用することです。また、古布を小さく切ってウエスにして使ったり、おさがりの洋服やおもちゃなどを他人に譲ったりすることもリユースになります。

Recycle(リサイクル)とは

Recycle(リサイクル)とは、製品を分解し、資源として再生させることです。たとえばペットボトルを回収してプラスチック製品の原料としたり、古紙を再生して新聞紙やトイレットペーパーなど別の製品に生まれ変わらせることです。

リサイクルを行うために多くのエネルギーを消費することもあり、石油を使用し二酸化炭素で燃やすサーマル・リサイクルなどは、決して環境に優しいとは言えないという意見もあります。
今後は「リデュース」「リユース」がますます重要なキーワードとなってくるでしょう。

4R、5R、7R

上で説明した3Rに、以下の言葉を加えて4R、5R、7Rと呼ぶ場合もあります。

・Refuse(リフューズ:拒否)
ごみになるものを拒否する。製造・流通地点で発生源を断つ

・Repair(リペア:直す)
壊れても直せるものは修理して使う

・Remix(リミックス:再編集)
新たな創造のために既にある資源を再編集する

・Refine(リファイン:分別)
廃棄するときには分別する

・Rethink(リシンク:再考する)
自分に本当に必要なものかどうか考える

・Rental(レンタル:借りる)
個人として所有せずに借りて済ます

・Return(リターン:戻す)
携帯電話など使用後は購入先に戻す

・Reform(リフォーム:改良する)
着なくなった服などを作り直す

などがあります。

企業で取り組む3R活動

近年では、環境問題への関心が世界的に高まっていることもあり、国内でも3R活動に取り組む企業が徐々に増えています。以下、3R活動に取り組む企業の例をご紹介します。

ソフトバンク

ソフトバンクでは従来通り使用済み端末の店頭での回収を行うとともに、個別包装箱の小型化や取扱説明書の電子化を行なっています。また、2012年より社内のペーパーレス化を推進し、オフィス業務における3R活動にも取り組んでいます。

キリン

飲料メーカーのキリンでは、缶やペットボトル、ガラスびんの薄肉化、原料の使用量の削減により、製造・輸送時のCO2の削減につなげています。また、びんの回収や紙パックのリサイクル、紙製容器包装の軽量化にも取り組んでいます。

ネスレ日本

ネスレ日本は、プラスチックごみの課題解決に向けて、「キットカット」の外袋を紙パッケージにすると発表しました。主力の大袋タイプ5品の外袋をプラスチックから紙パッケージに変更し、2019年より徐々に全量切り替えを行います。これにより、同社では年間約380トンのプラスチック削減を見込んでいます。また今後、個包装での取り組みも進め、2021年までにはリサイクルしやすい単一素材にする考えです。

ユニクロ

ユニクロは以前より自社製品の回収、リサイクル化を行なっています。また、2020年よりプラスチックレジ袋をやめて有料の紙袋に切り替えます。それに伴いエコバッグを店頭でも発売する予定です。その他にも商品のプラスチック梱包財を控えプラスチックごみの削減に取り組んでいます。

このように、企業にとっての3R活動は必須となりつつあり、今後いっそう消費者の目が「環境問題への取り組み」にも向けられることは間違いないでしょう。

また、個人が消費者としてできる3R活動もあります。

物を大切に使うことはもちろん、不要なものを持たないこと、無駄に消費しないこと。レジ袋を控えてエコバッグを持つこと。リサイクルできるものはなるべく資源ごみとして出すなど、日常から少しずつ3Rを意識していきたいですね。

地球にやさしく会社にやさしい!紙ごみを処分する3つの方法

先輩!不要になった書類を捨てるように言われたんですけど、そのままゴミ箱に入れてもいいんですか?

総務の女の子

顧客データや社内情報はシュレッダーにかけて。大量だと専門業者に依頼する方法もあるよ。

先輩

事業所から出る大量の書類や紙ごみ。外部に漏らしてはいけない情報が書かれていることも多く、安全に、確実に処分したいものの一つですよね。

また、紙ごみをリサイクルして新しい資源に生まれ変わらせることで、限りある資源を守り、地球にも優しくなります。紙ごみの最適な処分方法とはなんでしょうか。

事業所から出る紙ごみを処分する3つの方法

1.シュレッダーにかけた上で、収集運搬業者に委託する

機密書類を処分する場合、オフィスのシュレッダーにかけるのが最も手軽で簡単な方法です。
しかし書類がホッチキスやクリップで止められている場合、1つ1つを取り除くのは大変な作業です。
また、廃棄したかどうかは担当者に確認するしかなく、確実に処分されたかどうかの証明書等もないので、信頼性に欠けるという点があります。

2.行政回収に委託する

東京23区をはじめ、全国の約10%の自治体が、少量排出事業所を対象に、オフィス発生古紙を回収しています。
1回の排出量は、10kg~50kg未満で設定している自治体が多く、料金はエリアや排出量によって、有料になる場合と無料になる場合があります。

3.機密文書処理を行う専門業者に委託する

顧客情報や機密情報が書かれた書類を確実に処分したい場合、専門業者が提供する機密文書処理を利用する方法があります。
専門業者によって行われる、具体的な機密抹消の方法としては、日本では主に

  • ・移動式裁断
  • ・定置式破砕
  • ・直接溶解

という方法がとられています。

「書類溶解処理」とは、パルパー(溶解機)に、段ボール箱に入った機密書類を未開封のまま投入し、処分する方法。
業者によってはバインダーやホチキスなどを外さなくても処理できるため、一気に大量を処分できるというメリットがあります。
また、処理後の紙はリサイクルできるので、環境に優しい処分方法と言えるでしょう。

4.古紙問屋に持ち込む

古紙問屋は、回収した古紙を品目ごとに区分して製紙工場に搬入したり、輸出する役割を担っています。
直接持ち込むこともできますし、収集運搬業者が持ち込むこともあります。

リサイクル可能な「紙ごみ」の種類とは

事業所から出る紙ごみにはいくつかの種類があります。
適切なリサイクルのためには、きちんと分別して出すことが大切です。

事業所から出る紙ごみの一例としては、

  • ・新聞
  • ・雑誌
  • ・段ボール
  • ・OA用紙
  • ・雑がみ
    ティッシュ、菓子などの紙箱、紙袋、包装紙、その他ミックスペーパー(名刺,封筒,メモ紙,付箋紙など)
  • ・飲料用パック

などがあります。

また、紙ごみをリサイクルとして出す際、注意しなければいけないのは、リサイクル紙として出せない紙ごみ(禁忌品)があることです。

たとえば、

  • ・カバンや靴などの詰物
  • ・アイロンプリント紙
  • ・臭いのついた紙
  • ・シール、粘着テープ
  • ・防水加工された紙
  • ・カーボン紙、ノーカーボン紙
  • ・感熱紙

これらはリサイクル紙としては再生できないため、排出の際に一緒に混ぜてしまうと、機械トラブルや不良品の原因になってしまいます。捨てる際には注意しましょう。

紙ごみリサイクルによって生まれ変わるもの

一般的に、事業所から排出されるOA用紙やシュレッダー紙は、新しい段ボールやコピー用紙、トイレットペーパーの原料として再生されています。

紙の原料はすべて木材(パルプ用材)です。不要になった紙を安易にごみにすることは、貴重な森林資源を浪費することにつながります。

紙のリサイクルは、従業員規模が比較的大きい事業所では取り組みが活発ですが、小さい事業所での適切な回収は、まだまだ十分に行われているとは言えません。

循環型社会の形成のために、少しずつリサイクル活動に取り組んでいきたいですね。

廃棄?それともリサイクル?会社のパソコンを処分する3つの方法

会社や店舗、事務所には欠かせないパソコン。
パソコンの入れ替え、買い替えには、大量のパソコンの廃棄が伴いますよね。
社内情報や顧客情報、企業情報など絶対に外に漏らしてはいけない大切な情報も入っているし、安全に処分するにはどうしたらいいの?と悩む方も多いようです。
今回は、会社のパソコンを捨てる3つの方法について解説します。

1.廃棄業者に依頼する

産業廃棄物業者に依頼すると、パソコンのメーカー、機種、製造年にかかわらず、「産業廃棄物」としてパソコンを処分します。

パソコン以外の周辺機器、たとえば、

  • ・各種プリンタ
  • ・ディスプレイ
  • ・キーボード
  • ・マウス
  • ・電源コード、USBケーブル

なども合わせて引き取ってくれるので、最も利用しやすい方法と言えるかもしれません。
パソコンが比較的新しいものや、状態の良いものについては買取の対象となり、処分費を安くしてもらえることもあります。

気になるパソコン内の情報(データ)ですが、多くの業者がデータ消去などのサービスを有料で提供しており、データ消去の証明書なども発行してくれるので、確実なデータ消去を求める場合は、事前に問い合わせてみましょう。

また、パソコンの廃棄後にマニフェスト伝票を発行してくれますので、確実な廃棄を求めるのなら、廃棄専門業者に任せるのがベストです。

2.製造元のメーカーに問い合わせる

2003年に施行されたパソコンリサイクル法は、パソコンをリサイクル回収し、内部に含まれる金属などの希少資源を再利用し、環境保護やゴミの削減につなげる目的があります。これによって、パソコンの回収やリサイクルが、メーカーに義務付けられることになりました。

あなたの社内のパソコンのメーカーがある程度統一されていれば、メーカーに一括処分依頼することでスムーズに処分が可能です。

家庭用のパソコンの場合は「PCリサイクルマーク」がついている場合に限り無償でリサイクルが可能ですが、法人の場合、PCリサイクルマークの有無に関わらず、回収・リサイクルともに有償での対応となります。

なので、事前に見積りを取ってから依頼する流れが一般的です。
廃棄処分後、「資産滅却報告書」(廃棄証明書)が発行されますので、きちんと保管しておきましょう。

▼回収・リサイクルを希望する方はこちらから
一般社団法人 パソコン3R推進協会(PC3R)のサイト

3.リサイクル業者に買取してもらう

パソコンの製造時期が比較的新しいものだと、リサイクル業者に買い取ってもらえることがあります。
その場合、メーカーの制限はありませんが、周辺機器(液晶モニタやプリンタ、キーボード、マウスなど)は不可としている業者も多く、買取対象については事前に確認する必要があるでしょう。
また、データの消去サービスなども有料で対応しているところが多いので、事前に確認しておきましょう。

パソコン内のデータ消去の方法について

パソコン内には様々な情報が含まれます。特に会社のパソコンの場合、貸借対照表、損益計算書などの財務情報。従業員等の個人情報などの人事情報。パソコンを商用に使う中で収集した顧客情報。また、企業の開発情報やノウハウ、教育内容などの技術情報など、決して外部に漏らしてはいけない多くの情報を含んでいます。

こういった情報が外部に流出すると、自社にのみならず、取引先や顧客に多大な迷惑をかけるだけでなく、会社のイメージ毀損につながる恐れもあります。

パソコン内のデータ消去については、以下のような方法が一般的です。

1.専用消去ソフトを使用する

パソコンが通常に起動する場合、専用消去ソフトを使用して内部のデータを消去することができます。

2.物理的破壊を行う

データを内蔵するハードディスクを物理的に破壊することで、内部の情報にアクセスさせないという方法があります。

3.電磁消去を行う

多くの専門業者が行なっている方法です。
特殊な装置でハードディスクに強磁気をかけることで、ハードディスクを物理的に破壊します。パソコンの起動の有無に関わらず、内部のデータを確実に消去できます。

リサイクル後のパソコンはどうなるの?

一般的には、解体された後、資源として再利用されます。
プラスチック、固形燃料、ガラス、鉄、鋼、アルミ、希少金属(金、銀、コバルト)などの再生資源として生まれ変わります。

以上、法人向けパソコンの廃棄方法について解説しました。
機密情報がたくさん入っているパソコン。決して会社の情報が漏れたりしないよう、適切に処分したいですね。

日本で主流の方法は?プラスチックの3つのリサイクル方法について知ろう

先輩!廃プラスチックがどんなものかということについては分かったんですけど、リサイクルってどんな方法でされているんですか?

総務の女の子

プラスチックのリサイクルは、大きく分けて3つの方法があるんだ。今から詳しく見てみよう。

先輩

プラスチックの3つのリサイクル方法

プラスチックリサイクルには、3つのリサイクル方法があります。

  1. 1.マテリアルリサイクル
  2. 2.ケミカルリサイクル
  3. 3.サーマルリサイクル

の3種類です。

それぞれについて、解説していきましょう。

 

マテリアルリサイクルとは?

製品化されたプラスチック製品を、再び素材として資源化し、新しい製品に生まれ変わらせることです。たとえばペットボトルを細かく砕いてペレット化し、再度ペットボトルとして活用したり、異なるプラスチック製品に作り替えたりします。

より純粋なペレット生成のためには、純度の高いプレスチックをマテリアル化する必要があります。なので、ペットボトルの場合は「ラベルをはがす」「きれいに洗って乾かす」「ふたを取る」などの細かい配慮が必要です。

マテリアルリサイクルは、資源を循環させるという意味で、比較的環境にやさしいリサイクル手法です。

ケミカルリサイクルとは?

使用済みの資源を、そのままではなく、化学的に分解して組成変換することにより、新たな化学製品の原料に生まれ変わらせることです。

従来、使用済みのペットボトルを新品のペットボトルに作り変えるのは、不純物が混じったりする問題があり、技術的に難しいとされてきました。しかし化学分解により使用済みPETボトルをPET樹脂に加工することで、このケミカルリサイクルによって「ボトルtoボトル(BtoB)」と呼ばれるリサイクルが可能になりました。
ケミカルリサイクルも、比較的、環境にやさしいリサイクル手法と言えます。

サーマルリサイクルとは?

上記の方法でリサイクルができないプラスチック製品を焼却処理し、その際に発生する熱エネルギーを回収、利用することです。
回収したエネルギーは、発電や冷暖部、温水などの熱源として利用されています。
プラスチックを焼却する際に二酸化炭素を発生させるので、上記の2つのリサイクル方法に比べると、環境への負荷が高い方法です。

しかし、廃プラスチックを不燃ごみとして埋め立てるよりも、焼却する方がごみの容積が小さくなり、また埋め立ての際に発生するメタンガスなどの有害物質も生まれません。
これまでプラスチックを焼却炉で燃やすことは、ダイオキシン発生などの問題が指摘されていましたが、近年の焼却施設や焼却技術の発達により、以前のような有害物質などが発生することも少なくなっており、多くの自治体がこの方法を採用しています。

3つのリサイクル方法についてはよく分かりました。
日本で一番多く行われているリサイクル方法はなんですか?

総務の女の子

上で紹介した中で、日本で一番多く行われているリサイクル方法は「サーマルリサイクル」。なんと5割以上がサーマルリサイクルされているよ。

先輩

日本で主流の「サーマルリサイクル」。
しかし単に焼却することを、本当の意味での「リサイクル」と呼んでも良いのか?などの議論もあります。

より環境に優しいリサイクル方法が広まるためには、ごみを出す側の意識も大切になります。

今、世界ではたとえばスターバックスなどがプラスチックのストローやカップを極力使わないようにしていくなど、「プラスチックごみを削減する」努力をしています。
日本でもその流れに乗り遅れないよう、今一度、プラスチックごみについて考えていく必要がありますね。