会社(事業系・法人)ではじめて粗大ゴミ(産業廃棄物)を捨てる時に読むガイドサイト【東京23区】

会社倒産・事業所閉鎖に伴うゴミの処分方法について

新型コロナ禍において、企業の倒産件数が増えています。特に飲食店や旅行関連会社、アパレル小売店の閉店・閉鎖が相次いでいます。
また、倒産とはいかなくても景気後退による事業縮小、計画的な事業閉鎖は今後もしばらく続くと思われます。今回は会社倒産時のゴミの処分方法について解説します。

産業廃棄物処理の委託は「破産管財人」が行います

会社が倒産した場合、破産管財人が破産者の財産や資産を金銭に換え、会社に金銭を投じていた人に配当していく手続きを行ないます。原則として、破産者の財産は全て処分されます。

会社の財産の中に産業廃棄物があった場合、法令に従って処分しなければならないので、申し立て後に「破産管財人」が処理を行なうことになります。

破産管財人とは?
裁判所から選任された、破産手続における財産の換価や債権者への配当、免責判断の調査などの業務を遂行する専門家のこと。通常は、地域の弁護士の中から選任されます。

会社側は弁護士に相談するだけでOK

倒産した会社のゴミ処理に困ったら、基本的に弁護士へ相談すれば解決します。会社が倒産するときには破産申請手続きが弁護士に依頼されますので、依頼された弁護士が破産の通知や会社財産の保全、破産申し立てなどを進め、この手続きの中に産業廃棄物の処理も含まれます。特別な処理をしなくても裁判所によって破産管財人が選ばれ、産業廃棄物を処理してくれるでしょう。
逆に破産管財人は、適切な処理を行なってくれる産業廃棄物処理業者へ依頼することが必要になります。

パソコンの廃棄・処分は信頼のおける処分専門業者へ

不用品を廃棄する際に特に気をつけなければならないのが、パソコンの処分です。パソコンの中には多くの個人情報が詰まっており、安易な廃棄は個人情報や機密情報の漏えいに繋がりかねません。

たとえデータをゴミ箱に捨てて空にしたつもりでも、専用のソフトを使用すると復活させることが可能です。現代はオークション等で中古のパソコンなどの売り買いが簡単にできますので、処分したはずのパソコンが思いもよらぬ誰かの手に渡ることもあります。データの入ったパソコンは、あらかじめ適切にデータを消しておくか、信頼のおける業者に廃棄処分を依頼するのが良いでしょう。

廃棄?それともリサイクル?会社のパソコンを処分する3つの方法

オフィス家具などまだ使えるものは、リサイクルすることによって買取が可能になる例もあります

まだ使えるものに関しては、買取してもらうことによって不用品をお金に換えることが可能です。特に机や椅子などのオフィス家具については、専門の買取業者も多く存在していますので、リサイクルを選択した方が処理費用を安く抑えることができます。

しかし減価償却中の資産を売却する場合、売却に伴って資産が減少することになります。売却の際にはその点も注意して処分しましょう。

事務所の移転時に不要になった机や書類、どう捨てる? オフィス不要品処理の4つのポイント

工場の場合、中古機械が買取の対象になる場合もあります

工場を閉鎖する場合、工場内の中古機械がまだ使用できる場合、買取の対象となる場合もあります。
多少古くても、海外で人気の機種や傷みの少ないもの、それぞれの分野で名が通った機種なら特徴的なものでも高く買い取ってもらえることもあります。
詳しくは専門の買取業者に見積り依頼を出すと良いでしょう。

●買取できる機械の例

飲食店の閉店の場合、「現状回復」か「居抜き」かを確認しましょう

飲食店を閉店する際は、店舗什器をそのままにする「居抜き」か、コンクリート打ちっぱなしの現状回復「スケルトン工事」か、店舗物件の契約により変わりますので、契約書類などで確認しておきましょう。

 

また、作業台や業務用冷蔵庫などの厨房機器についても専門買取業者がありますので、まずは相談してみましょう。

飲食店の粗大ゴミを捨てる際の3つのポイント

信頼のおける産業廃棄物処理業者を選びましょう

過去に、破産管財人が無許可の産廃処理業者にゴミの処分を依頼し、適切に処分されずに不法投棄されたため、結果的に県から刑事告発を受けた事例があります。
この場合、不法投棄した業者と破産管財人がその責任を負うことになります。このようなことにならないよう、信頼のおける産廃処理業者を選びたいですね。

飲食店の粗大ゴミを捨てる際の3つのポイント

飲食店のリニューアルや閉店の際に排出される「粗大ゴミ」

厨房機器、ショーケース、椅子やテーブルなどの什器まで、種類は多岐に渡ります。

これらはどのように捨てたら良いのでしょうか? また、捨てる際に気を付けることとは?

飲食店や店舗から出た「粗大ゴミ」の処分方法

居酒屋やレストランなどの飲食店から出る粗大ゴミは、どのように処分したら良いのでしょうか?

一般家庭のように、自治体に手数料を払って引き取ってもらえるのでしょうか?

飲食店などの事業活動から出た粗大ゴミは、産業廃棄物の場合「排出事業者処理責任の原則」という、ゴミを出した人がきちんと処理しないといけない廃棄物処理法の決まりがあります。

もし気づかずに間違った方法でゴミを捨ててしまうと、ゴミを捨てた本人に重い罰則が科せられることもあります。

回収・運搬は、「産業廃棄物収集運搬業許可」を、処分は「産業廃棄物処分業許可」を持った、信頼できる「産業廃棄物処理業者」に委託して、適切に処理してもらいましょう。

飲食店の粗大ゴミの品目

それでは、飲食店から出る粗大ゴミはどういった品目があるのか、見ていきましょう。

  • ・椅子、テーブル、ソファー、棚、回転什器、ディスプレイラック、商品棚、倉庫ラック、ショーケースなどの店舗什器
  • ・シンク、調理台、冷蔵庫、冷凍庫、食洗機、レンジ、オーブン、ビールサーバー、調理器具、ラック、食器小物などの厨房機器
  • ・パソコン、レジ、券売機、エアコン、加湿器、電話、オーディオ機器、照明器具、暖房器具、掃除機、空気清浄機などの家電機器

種類がとても多いことがわかると思います。

厨房機器や店舗什器などは、状態によっては買取ができる場合もあるため、コストの削減のために買取ができる業者を選ぶのも良いでしょう。

飲食店の粗大ゴミを捨てる際に気を付ける3つのポイント

それでは、飲食店で粗大ゴミを捨てる際のポイントを3つ見ていきましょう。

1その捨て方は法令遵守かどうか

もし無許可の業者や不法投棄を行う業者に委託した場合、ゴミを出した側(排出事業者)にも罰則が科せられることがあります。

そうならないためには、

「委託に必要な許可証を確認する」
「処理委託契約を書面で交わす」
「マニフェストを発行する(産業廃棄物の場合は必ず)」
「最後まで適正処理されたかチェックする」

等をチェックし、信頼できる業者に委託しましょう。

2買取&リサイクルをしてもらえるか

ゴミ処理の際は、できるだけ費用は抑えたいもの。

店舗什器や厨房機器などは、状態によっては買い取ってもらえる可能性があります。

不用品の回収だけでなく、買取もしてもらえる業者を選びましょう。

また、買取まではいかないけれど、リサイクルに回すことでコストを抑えられる場合もあるため、回収&買取&リサイクルと、幅広く対応してもらえる業者を探すことも大事なポイントです。

3閉店の場合は現状回復か居抜きかを確認

飲食店を閉店する際は、店舗什器をそのままにする「居抜き」か、コンクリート打ちっぱなしの現状回復「スケルトン工事」か、店舗の契約により変わってきます。契約書類などで確認するようにしましょう。

スケルトン工事で現状回復の場合は、粗大ゴミの回収業者と、スケルトン工事の業者それぞれに依頼する場合がありますので、気をつけましょう。


飲食店の粗大ゴミを捨てる際に気を付けるポイントについて、いかがでしたか?

ゴミを捨てる時は、すっきりと素早く後を濁さず捨てたいものですよね。

信頼できる業者を見つけたいけど、どう探せばいいかわからない—そんなお困りの時は、粗大なびでもご相談を受付ますので、ぜひお気軽にご相談ください。

事務所の移転時に不要になった机や書類、どう捨てる? オフィス不要品処理の4つのポイント

先輩! 事務所移転の時に不要となった粗大ゴミや書類は、どうやって処分したらいいんですか?

総務の女の子

要らなくなったテーブルやパソコンは産業廃棄物になるから、専門の許可業者を探しておこう。

先輩

1月〜3月は事務所移転のシーズンですね。移転の際に大量に出る不要になったテーブルやロッカーなどのオフィス家具は、どのように処分したらいいのでしょうか。
一般の家庭では、自治体に粗大ゴミを出すことができますが、会社からでた粗大ゴミは「産業廃棄物」になり、最後まで責任を持って処分しないといけません。そのため、専門の許可を持った業者に処理してもらうことが必要です。
その際、どのようなことに気をつけたら良いかみていきましょう。

オフィス家具の捨て方

買取と処分両方できる業者を選ぶ

不要なオフィス家具は、引越し時にすべて処分してしまいたいですよね。
しかし人気のメーカーやデザイン性がある什器類は良い条件で買い取ってもらえる可能性もあるので、転売を考える事も一つの策です。

業者を選ぶポイントは「買取と処分を両方できる業者を選ぶこと」
万が一買い取ってもらえなかった場合は、別に処理業者を探さなくてはならなくなるので、最初に買取と処分を両方できる業者を選ぶと楽です。

パソコンの捨て方

データ消去に気をつけて

パソコンの捨て方は大きく3つの選択肢があります。
1廃棄業者に依頼する
2メーカーに問い合わせる
3リサイクル業者に依頼する

廃棄業者に依頼する場合は、周辺機器もまとめて処分してもらえ、マニフェストも発行されるので確実な方法です。データ消去の証明書を発行してもらえる場合もあります。
メーカーに問い合わせる場合は、PCリサイクルマークが表示されたものは「資源有効利用促進法」により、メーカーに回収してもらうことも可能です。ただし、法人の場合は有償での対応になるのでお気をつけください。
買取業者に依頼する場合は、パソコンのみで周辺機器が対応していない場合もあるため、事前に確認する必要があります。

確実な廃棄や、データ消去が必要な場合は、専門の廃棄業者に依頼するのが確実です。

▼パソコンの詳しい捨て方はこちら

廃棄?それともリサイクル?会社のパソコンを処分する3つの方法

オフィス機器・家電の捨て方

業務用エアコンは専門業者に依頼

エアコンや冷蔵庫などの家電は、どのように捨てたら良いのでしょうか?
例えば一般家庭で使う家庭用エアコンは「家電リサイクル法」の対象になるため、定められた方法で処理をする必要があります。
一方会社で使う業務用エアコンは「家電リサイクル法」の対象外で産業廃棄物になるため、フロンガス等冷媒の漏洩防止のためにも、必ず専門の産業廃棄物処理業者に依頼しましょう。
もし業者が放置したり適切に処理せずフロンを放出させてしまったら、エアコンの持ち主が処罰を受けてしまう場合もあるので、信頼できる業者に依頼しましょう。

紙類の捨て方

機密書類はセキュリティに合わせて捨てる

事務所移転時にまとめて捨てたいオフィスペーパー。
機密書類などは情報保護の観点から厳重に気をつけて処分したいですよね。
廃棄処理業者の中には、機密書類が入ったダンボールを開封しないでそのまま溶解炉に投入したり、シュレッダー機にかけてからベイラーにかけて処理をしたり、セキュリティによって様々な処理方法があります。
どの程度のセキュリティが必要な書類なのか、またコストはどれらけかけられるのかを検討しながら業者を選ぶと良いでしょう。

▼紙ごみの詳しい捨て方はこちら
地球にやさしく会社にやさしい!紙ごみを処分する3つの方法

以上、事務所の引っ越し時に気を付けるポイントを解説しました。
事務所の移転はただでさえ慌ただしいもの。
スムーズに処理業者を選んで、すっきりとした引っ越しを目指しましょう。

廃棄?それともリサイクル?会社のパソコンを処分する3つの方法

会社や店舗、事務所には欠かせないパソコン。
パソコンの入れ替え、買い替えには、大量のパソコンの廃棄が伴いますよね。
社内情報や顧客情報、企業情報など絶対に外に漏らしてはいけない大切な情報も入っているし、安全に処分するにはどうしたらいいの?と悩む方も多いようです。
今回は、会社のパソコンを捨てる3つの方法について解説します。

1.廃棄業者に依頼する

産業廃棄物業者に依頼すると、パソコンのメーカー、機種、製造年にかかわらず、「産業廃棄物」としてパソコンを処分します。

パソコン以外の周辺機器、たとえば、

  • ・各種プリンタ
  • ・ディスプレイ
  • ・キーボード
  • ・マウス
  • ・電源コード、USBケーブル

なども合わせて引き取ってくれるので、最も利用しやすい方法と言えるかもしれません。
パソコンが比較的新しいものや、状態の良いものについては買取の対象となり、処分費を安くしてもらえることもあります。

気になるパソコン内の情報(データ)ですが、多くの業者がデータ消去などのサービスを有料で提供しており、データ消去の証明書なども発行してくれるので、確実なデータ消去を求める場合は、事前に問い合わせてみましょう。

また、パソコンの廃棄後にマニフェスト伝票を発行してくれますので、確実な廃棄を求めるのなら、廃棄専門業者に任せるのがベストです。

2.製造元のメーカーに問い合わせる

2003年に施行されたパソコンリサイクル法は、パソコンをリサイクル回収し、内部に含まれる金属などの希少資源を再利用し、環境保護やゴミの削減につなげる目的があります。これによって、パソコンの回収やリサイクルが、メーカーに義務付けられることになりました。

あなたの社内のパソコンのメーカーがある程度統一されていれば、メーカーに一括処分依頼することでスムーズに処分が可能です。

家庭用のパソコンの場合は「PCリサイクルマーク」がついている場合に限り無償でリサイクルが可能ですが、法人の場合、PCリサイクルマークの有無に関わらず、回収・リサイクルともに有償での対応となります。

なので、事前に見積りを取ってから依頼する流れが一般的です。
廃棄処分後、「資産滅却報告書」(廃棄証明書)が発行されますので、きちんと保管しておきましょう。

▼回収・リサイクルを希望する方はこちらから
一般社団法人 パソコン3R推進協会(PC3R)のサイト

3.リサイクル業者に買取してもらう

パソコンの製造時期が比較的新しいものだと、リサイクル業者に買い取ってもらえることがあります。
その場合、メーカーの制限はありませんが、周辺機器(液晶モニタやプリンタ、キーボード、マウスなど)は不可としている業者も多く、買取対象については事前に確認する必要があるでしょう。
また、データの消去サービスなども有料で対応しているところが多いので、事前に確認しておきましょう。

パソコン内のデータ消去の方法について

パソコン内には様々な情報が含まれます。特に会社のパソコンの場合、貸借対照表、損益計算書などの財務情報。従業員等の個人情報などの人事情報。パソコンを商用に使う中で収集した顧客情報。また、企業の開発情報やノウハウ、教育内容などの技術情報など、決して外部に漏らしてはいけない多くの情報を含んでいます。

こういった情報が外部に流出すると、自社にのみならず、取引先や顧客に多大な迷惑をかけるだけでなく、会社のイメージ毀損につながる恐れもあります。

パソコン内のデータ消去については、以下のような方法が一般的です。

1.専用消去ソフトを使用する

パソコンが通常に起動する場合、専用消去ソフトを使用して内部のデータを消去することができます。

2.物理的破壊を行う

データを内蔵するハードディスクを物理的に破壊することで、内部の情報にアクセスさせないという方法があります。

3.電磁消去を行う

多くの専門業者が行なっている方法です。
特殊な装置でハードディスクに強磁気をかけることで、ハードディスクを物理的に破壊します。パソコンの起動の有無に関わらず、内部のデータを確実に消去できます。

リサイクル後のパソコンはどうなるの?

一般的には、解体された後、資源として再利用されます。
プラスチック、固形燃料、ガラス、鉄、鋼、アルミ、希少金属(金、銀、コバルト)などの再生資源として生まれ変わります。

以上、法人向けパソコンの廃棄方法について解説しました。
機密情報がたくさん入っているパソコン。決して会社の情報が漏れたりしないよう、適切に処分したいですね。

学校の粗大ゴミを捨てる際に気をつける3つのポイント

春休みなど、年度の切り替え時期に、各学校法人から排出される「粗大ゴミ」。

粗大ごみと言うと、家庭から出る比較的大きなゴミを想像される方が多いと思います。

机、ソファ、ベッド、戸棚や椅子…。

各自治体のホームページを見ると「家庭での粗大ごみ」に該当する品目を具体的に調べることができますね。
一般的には、その品目に応じて、ごみの排出者に手数料負担を義務化している自治体がほとんどです。

学校など教育機関から出る「ごみ」の処分方法は?

では、小学校、中学校、高等学校、大学や専門学校などの学校法人から排出されるごみについては、どのように処分すれば良いのでしょうか。

私立の場合、学校期間から排出されるごみは、専門業者に委託し、適正に処理することが法律で定められています。

紙ごみや生ごみなどの日常的なごみはもちろん、イベント後や年度末など臨時的に出る「粗大ゴミ」と言われる大型のごみに関しても、廃棄物処理業者に委託するのが通常です。

学校から出る「粗大ごみ」の品目とは

学校から出る「粗大ごみ」の品目を具体的に見ていきましょう。

・冊子やプリント類などの紙ごみ
・大量のパンフレットや会報
・文化祭や給食などから出る残飯
・机や椅子などのオフィス什器
・古くなったマット、ボールなどのスポーツ道具
・実験機器や薬剤などの専門的な取り扱いを必要とするもの
・パソコン、電話などのOA機器

非常に種類が多くなっていることが分かります。
また、大学・学校法人から出るごみの特徴として、冊子やプリント類などの紙ごみが大量に発生することが挙げられます。
個人情報を含んだものもありますので、シュレッダーにかけた上で廃棄するなどの対応が求められます。

大学・学校法人様にとって、臨時ごみを排出する際に気をつけるべき3つのポイント

大学・学校法人様にとって、臨時ごみを排出する際に気をつけるべき3つのポイントとは何でしょうか?

1.現在の処分方法が法律的に適正か(マニフェストを遵守しているか)どうか

マニフェストとは、産業廃棄物の処理委託の際に必要な伝票のこと。
法律的に適正なごみ処理がされているかを証明するものとして必要なものになります。
もし知らずに違反をしてしまった場合、排出事業者様(ゴミを出す学校様側)には「排出事業者責任」が定められており(→排出事業者処理責任の原則)、その罰則は厳しいものになりますので気をつけなければいけません。

2.今の業者の価格の見直しができるか

現在の業者以外で見積もりを取ることで、処分にかかる費用を大幅に削減できることがあります。
また、イベントのゴミや年度末のごみなどの臨時ごみの排出についても、複数業者で見積もりを取ることが大切です。

3.まだ使えるものはリサイクルしたいが可能か

使えるものをリサイクルに回すことで、廃棄物処理のコスト削減につながる場合もあります。
しかしリサイクルできるものとそうでないものの区別はなかなか素人には分かりません。
相応の知識を持ち、柔軟に対応してくれる担当者のいる業者を探す必要があります。

あなたの学校機関は上記のことについて充分検討できているでしょうか?
定期的に業者の見直しを行いましょう。

学校法人の廃棄物の見積りをする