会社(事業系・法人)ではじめて粗大ゴミ(産業廃棄物)を捨てる時に読むガイドサイト【東京23区】

食品廃棄物って? 基本と業者選びのコツを知ろう

居酒屋やレストランなどの飲食店、食品加工の工場などから出る食品の残さや食べ残し、ロスなどは、「食品廃棄物」となります。
食品廃棄物の基本や、食品廃棄物をきちんと回収してくれる失敗しない廃棄物処理業者の選び方について解説します。

食品廃棄物って?


そもそもどんなものを食品廃棄物と言うのでしょうか? 大きく分けると、工場などの製造工程で排出される「産業廃棄物(動物性残さ)」と調理過程で出る野菜くずや食べ残し、賞味期限切れの食品などの「一般廃棄物」に分けられます。

一般廃棄物と産業廃棄物

「一般廃棄物」は事業活動に伴って出る「事務系一般廃棄物」と家庭から出る「一般廃棄物」に分けられます。
一般廃棄物は市区町村ごとに処理のルールが決められており、各自治体の決めた通りに処理します。
「事務系一般廃棄物」は、小売店が廃棄した食料品や賞味期限切れのお弁当、飲食店や給食の食べ残しなどになります。家庭ごみとして自治体が指定する集積所に出してしまうと、不適正処理になってしまう場合もありますので、必ず市区町村に確認しましょう。

工場などの食品製造段階で出される「産業廃棄物(動物性残さ)」は、都道府県等の許可を得て処分するか、認可を受けた委託業者へ処理を委託します。

産業廃棄物 ・工場などの製造段階→動植物性残さ
一般廃棄物 ・スーパーなどの流通段階→売れ残り、食品廃棄
・飲食店などの消費段階→調理くず、食べ残し、食品廃棄

食品廃棄物のリサイクル


食品廃棄物はリサイクルが可能で、ただ処分するだけでなく、有効に活用することができます。
リサイクルとして有効活用される傾向と、その理由について見ていきましょう。

リサイクルを進める食品リサイクル法

それでは、ここで「食品リサイクル法」を見ていきましょう。
簡単に言うと「食品製造工程から出る材料くずや売れ残った食品、食べ残しなどの「食品廃棄物」を減らし、リサイクルを進めるため、生産者や販売者などに食品廃棄物の減量・リサイクルを義務付けた法律。」となります。
これは、環境に優しく、地球の資源を大事に使おうという一環で定められました。

すべての食品関係の事業者が対象となり、年間100tを超える食品廃棄物を出す事業主には報告が義務付けられ、罰則もあります。(一般家庭の食品廃棄物は対象外です)

2019年7月12日公表された新たな基本方針では、各再生利用等の実施率を2024年までに、食品製造業は95%、食品卸売業は75%、食品小売業は55%、外食産業は50%に一部引き上げられました。

どんなリサイクルがあるのか

回収された食品廃棄物は、どのようにリサイクルされるのでしょうか?

食品廃棄物のリサイクル用途は、

  • ・「肥料」
  • ・「飼料」
  • ・「メタン」
  • ・「油脂・油脂製品」
  • ・「ファインケミカル(単一の化学物質)」

などになります。
リサイクル率が高いのは肥料や飼料となっています。

食品廃棄物の処理業者の選び方

それでは、食品廃棄物を処理する際に、どのように業者を選んだら良いのでしょうか?
これまで見てきた通り、特に多量排出事業者様にとっては排出される食品廃棄物のリサイクルが大きなポイントとなります。そのため、廃棄物処理業者の中で、リサイクルに強く、実績のある業者を選ぶのが良いでしょう。
さらに、産廃系であれば「産廃エキスパート」や「優良産廃処理業者」といった認定を受けている業者なら、より安心して食品廃棄物の依頼をできます。

「優良産廃処理業者認定制度」って何? 上手に活用して良い業者を見つけよう!

処理業者が違反をすると依頼した側にも罰則が

飲食店や工場などの食品廃棄物を出す事業者は、廃棄物処理業者に依頼して回収・処理してもらいます。
もし、その依頼をした業者が適正に処理せず、誤った方法で処理した場合、その責任と罰則は依頼をした排出事業者(食品廃棄物を出した飲食店や工場)にも科されます。

安さだけではなく、信頼できる業者かを見極めることが大事です。

産廃処理業者の不正転売が発覚したケースも
回収した廃棄物を産廃処理業者が不正転売していたケースがあります。大手外食チェーンの消費期限切れ冷凍食品がきちんと処理されず、食品加工会社へ転売されていたのです。さらに、転売された冷凍食品は、一般家庭の食卓へ…。
この事態が発覚し、大手チェーン側が全社員一丸となって事件の解明に向かい迅速な対応を行ない被害を最小限に留めたため、会社が潰れるような事態にまではなりませんでした。しかし、この対応が遅れた場合、会社のイメージダウンとなり、致命傷にもなりえます。
きちんとした食品廃棄物処理業者を選ぶことは、自社を守ることにもつながるのです。

信頼できる業者に依頼を

粗大なびでは、「産廃エキスパート」や「優良産廃処理業者」の認定を持ち、食品廃棄物のリサイクルに強い信頼できる業者をご紹介することも可能です。
食品廃棄物でお困りの際は、お気軽にご相談ください。

プロにお任せ!当サイトが選ぶおすすめ産廃業者

食品ロス(フードロス)問題を知ろう!食品ロスを減らす具体的な取り組み

「食品ロス(フードロス)」問題をご存知でしょうか?
少し前から、コンビニから出る廃棄食品や、クリスマスケーキや恵方巻などのイベント関連フードの廃棄問題がメディア等で頻繁に取り上げられるようになり、私たち消費者の間でも、食品ロス問題が少しずつ一般的になったように感じられます。

しかし、まだまだ問題は根深く、今後もなるべく食品ロスを減らす取り組みが求められています。

食品ロス(フードロス)って何?

食品ロスとは、売れ残りや食べ残し、期限切れ食品など、本来はまだ食べられるにも関わらず、廃棄される食品を指します。
平成31年4月の農林水産省の発表によると、国内だけでも年間およそ1,561万トンもの食品廃棄物等が排出されているとされています。このうち、食品ロスは、およそ643万トンにも登るそうです。

そもそもなぜ「食品ロス」が発生するの?
食品ロスは、生産、加工、小売、消費のそれぞれの段階で発生すると言われています。

生産段階で発生する食品ロス

たとえば自然災害で傷ついた作物の発生や、気候の影響などで大量に作り過ぎてしまった作物が、廃棄処分となってしまいます。

加工段階で発生する食品ロス

加工段階でのロスは、品質や見た目などの問題で規格に合わない食品が、品質検査段階ではじかれるといったことで起こります。

小売で発生する食品ロス

スーパーやコンビニなどの食品を扱う店舗では、主に消費期限を過ぎた食品が消費者の手元に行き渡ることなく廃棄されるために起こります。
また、季節のイベントに関連して製造、販売される食品が、小売側によって大量発注された結果、供給過多に陥り、またその消費期限が極端に短いために、消費されることなく廃棄されるという問題もあります。

消費で発生する食品ロス

消費段階で起こる食品ロスは、消費者による食品の買いすぎや食べ残し、調理失敗などの発生から起こっています。また、外食等で注文しすぎた結果、食べ残しが大量に発生してしまうのも食品ロスにあたります。

食品ロス削減推進法とは

国内で問題意識が高まりつつある現状を踏まえ、日本では2019年10月1日から、「食品ロスの削減の推進に関する法律」が制定されました。この法律では、食品ロスの定義や施策による食品ロス削減の推進、基本的な方針や施策などが盛り込まれています。
これを受けて、上記で説明した生産、加工、小売、消費の4段階において、食品廃棄を減らす様々な工夫が求められています。

食品リサイクル法との違い

食品リサイクル法は2001年に施行された法律で、食品関連事業者に向けて、食品ロス削減の取り組みを促す法律です。
主に、食品の製造工程で発生する食品廃棄物を減少させることを目的としています。
また、たとえ処分となってしまった食品でも、飼料や肥料などの原材料として再利用するなど、なるべく廃棄ではなくリサイクルを推進させることが求められています。

食品ロスを減らす、具体的な取り組み

食品ロスを減らす取り組みについては、既にいくつか実行されています。
たとえば、「賞味期限」と「消費期限」の違いについて知っていますか?

・賞味期限
おいしく食べることのできる期限

・消費期限
期限を過ぎたら食べるのを控えるべき期限

賞味期限を過ぎたものでも、消費期限を過ぎていなければまだ食べられる、と判断することによって、家庭内での食品ロスを抑えることができるかもしれません。

また、まだ食べられるけれど、食べない食品を寄付し、必要としている人に渡す「フードバンク」という取り組みもあります。
その他、生産段階では規格に添わない食品を「訳あり」として安価に市場に出す取り組みや、小売ではイベント関連食品は予約販売にしたり、無駄な発注を減らすなどの取り組みがあります。

個人レベルでは、必要以上に食品を買い過ぎず、きちんと使い切るなどの計画的な消費が大切です。また、外食の際にも自分が食べられる分だけ注文するようにしたり、最後まできちんと食べきるなどの意識が消費者レベルでも求められていくでしょう。

事務所の移転時に不要になった机や書類、どう捨てる? オフィス不要品処理の4つのポイント

先輩! 事務所移転の時に不要となった粗大ゴミや書類は、どうやって処分したらいいんですか?

総務の女の子

要らなくなったテーブルやパソコンは産業廃棄物になるから、専門の許可業者を探しておこう。

先輩

1月〜3月は事務所移転のシーズンですね。移転の際に大量に出る不要になったテーブルやロッカーなどのオフィス家具は、どのように処分したらいいのでしょうか。
一般の家庭では、自治体に粗大ゴミを出すことができますが、会社からでた粗大ゴミは「産業廃棄物」になり、最後まで責任を持って処分しないといけません。そのため、専門の許可を持った業者に処理してもらうことが必要です。
その際、どのようなことに気をつけたら良いかみていきましょう。

オフィス家具の捨て方

買取と処分両方できる業者を選ぶ

不要なオフィス家具は、引越し時にすべて処分してしまいたいですよね。
しかし人気のメーカーやデザイン性がある什器類は良い条件で買い取ってもらえる可能性もあるので、転売を考える事も一つの策です。

業者を選ぶポイントは「買取と処分を両方できる業者を選ぶこと」
万が一買い取ってもらえなかった場合は、別に処理業者を探さなくてはならなくなるので、最初に買取と処分を両方できる業者を選ぶと楽です。

パソコンの捨て方

データ消去に気をつけて

パソコンの捨て方は大きく3つの選択肢があります。
1廃棄業者に依頼する
2メーカーに問い合わせる
3リサイクル業者に依頼する

廃棄業者に依頼する場合は、周辺機器もまとめて処分してもらえ、マニフェストも発行されるので確実な方法です。データ消去の証明書を発行してもらえる場合もあります。
メーカーに問い合わせる場合は、PCリサイクルマークが表示されたものは「資源有効利用促進法」により、メーカーに回収してもらうことも可能です。ただし、法人の場合は有償での対応になるのでお気をつけください。
買取業者に依頼する場合は、パソコンのみで周辺機器が対応していない場合もあるため、事前に確認する必要があります。

確実な廃棄や、データ消去が必要な場合は、専門の廃棄業者に依頼するのが確実です。

▼パソコンの詳しい捨て方はこちら

廃棄?それともリサイクル?会社のパソコンを処分する3つの方法

オフィス機器・家電の捨て方

業務用エアコンは専門業者に依頼

エアコンや冷蔵庫などの家電は、どのように捨てたら良いのでしょうか?
例えば一般家庭で使う家庭用エアコンは「家電リサイクル法」の対象になるため、定められた方法で処理をする必要があります。
一方会社で使う業務用エアコンは「家電リサイクル法」の対象外で産業廃棄物になるため、フロンガス等冷媒の漏洩防止のためにも、必ず専門の産業廃棄物処理業者に依頼しましょう。
もし業者が放置したり適切に処理せずフロンを放出させてしまったら、エアコンの持ち主が処罰を受けてしまう場合もあるので、信頼できる業者に依頼しましょう。

紙類の捨て方

機密書類はセキュリティに合わせて捨てる

事務所移転時にまとめて捨てたいオフィスペーパー。
機密書類などは情報保護の観点から厳重に気をつけて処分したいですよね。
廃棄処理業者の中には、機密書類が入ったダンボールを開封しないでそのまま溶解炉に投入したり、シュレッダー機にかけてからベイラーにかけて処理をしたり、セキュリティによって様々な処理方法があります。
どの程度のセキュリティが必要な書類なのか、またコストはどれらけかけられるのかを検討しながら業者を選ぶと良いでしょう。

▼紙ごみの詳しい捨て方はこちら
地球にやさしく会社にやさしい!紙ごみを処分する3つの方法

以上、事務所の引っ越し時に気を付けるポイントを解説しました。
事務所の移転はただでさえ慌ただしいもの。
スムーズに処理業者を選んで、すっきりとした引っ越しを目指しましょう。

「廃プラスチック」ってどんなもの?廃プラスチックが抱える課題とは

先輩!会社のごみ袋に「一般廃棄物」「廃プラ」って書かれてあるんですけど、「廃プラ」ってペットボトルなどのプラスチックごみのことですよね?

総務の女の子

そのとおり!「廃プラ」とは「廃プラスチック」のことで、ペットボトルやボールペンなど、私たちの身の回りにたくさんあるね。また工場などから出るプラスチックの破片や梱包材なども指しているよ。

先輩

廃プラスチックとは?

私たちの生活には欠かせないものとなっているプラスチック製品。プラスチックは安価で大量生産でき,かつ容易に加工できるということで、私たちの身近にあふれています。

廃プラスチックは、「一般廃プラスチック」と「産業廃プラスチック」の2種類に分けられます。

一般廃プラスチックとは、使用後のペットボトルや食品用トレイ、ビニール袋、調味料ボトルなど、主に家庭から出されるプラスチックごみのこと。

【日常から出るプラスチックごみの例】

ビニール袋|お菓子などの袋|CD・DVD|ポリバケツ|収納ラック|タッパー類|使い捨て食器|お弁当の持ち帰り容器|ファイルケース、ボールペンなどの事務用品|ゴムホース、ゴム手袋|おもちゃ類|歯ブラシ、カミソリ、ブラシ|使い捨てライター|ハンガー|卵や納豆のパック容器|調味料ボトル、チューブ|洗剤、化粧品のボトル|カップラーメンの容器など

一方、産業廃プラスチックは、プラスチック製品の製造・加工、流通過程から出るスクラップや包装資材など、主に工場や店舗などの事業所から出るプラスチックごみを指します。

廃プラスチックの処分方法は?

通常、廃プラスチックは資源ごみ、可燃ごみ、不燃ごみに分けられます。

資源ごみは「マテリアルリサイクル」「ケミカルリサイクル」「サーマルリサイクル」などの方法によってリサイクルされます。可燃ごみとして出されたプラスチックごみは焼却処分されます。不燃ごみとして出されたプラスチックごみは、埋め立てなどの処理を行います。

年々少しずつプラスチックごみのリサイクルが進んでいます。しかし複合材料化(金属やプラスチック、セラミックス等2種類以上の材料を組み合わせ作られたもの)された廃プラはリサイクルできないなど、課題もあります。

プラスチックごみが抱える課題

2017年、中国がこれまでプラスチックごみを世界中から輸入し買い取っていたのを、環境問題を理由に全面禁止しました。そのため、世界中でプラスチックごみが行き場をなくしています。

日本でも、これまでプラスチックごみを中国に輸出することでお金を得られていたのが、逆にお金を払って国内で処分しないといけない状況となり、プラスチックごみを引き取る業者が減っているのが現状。環境省は2019年5月、これまで事業者で処分していたプラスチックごみを、各地方自治体でも受け入れるよう求める通知を発表しました。

プラスチックごみは環境汚染や自然破壊などの原因になるため、世界中でプラスチックごみの削減が課題となっており、年々この問題に取り組む企業も増えつつあります。

会社から出るごみは全て産廃なの?「産業廃棄物」について知ろう!

先輩!「産廃」という言葉はよく聞くけど、具体的にはどういうごみのことなの?

総務の女の子

確かに「産業廃棄物」という言葉は少し難しい感じがするね。
でも具体的に見てみると、意外に身の回りにあるごみを指すこともあるんだ。

先輩

産廃=産業廃棄物とは?

産業廃棄物とは、法律によって定められた、20種類の特定のごみをさします。

店舗や会社から出る事業活動に伴って出るごみや、学校など公共事業に伴って出るごみは「事業系廃棄物」と呼ばれ、地域ごみとして出すことはできません。
事業系廃棄物は、更に大きく2つのカテゴリー「一般廃棄物」と「産業廃棄物」に分けられています。

産業廃棄物のイラスト

今回は、「産業廃棄物」について、具体的に見ていきましょう。

産業廃棄物一覧

法律によって定められた産業廃棄物とは、以下をさします。

(1)燃え殻 灰かす、石炭ガラ、コークス灰
(2)汚泥 下水汚泥、建設汚泥、洗車場汚泥、ビルピット汚泥(し尿を含むものを除く)、糊かす
(3)廃油 潤滑油、絶縁油、洗浄油、切削油、動物性油、植物性油、溶剤
(4)廃酸 写真定着液、硫酸、塩酸、硝酸、酢酸、炭酸飲料水
(5)廃アルカリ 写真現像液、ソーダ液、金属せっけん液
(6)廃プラスチック類 プラスチック製品、ビニール製品、ポリ容器、発泡スチロール、タイヤ、PETボトル、塗料カス、合成繊維、合成皮革、合成ゴム、合成建材、スタイロ畳
(7)紙くず 建設業、製紙業、製本業などの業種から出る紙くず、印刷くず、製本くず、裁断くず
(8)木くず (1)建設業、木製品製造、輸入木材卸売業などの業種から出る木くず、おがくず
(2)貨物の流通のために使用したパレット
(9)繊維くず 建設業、繊維工業(繊維製品製造業を除く)から発生する木綿くず、麻くず、布くず、羊毛くず
(10)動植物性残さ 動物、魚の皮、肉、骨、内臓、油。野菜くず、果実の皮、酒粕など
(11)ゴムくず 天然ゴムの切断・裁断くず
(12)金属くず スチール製什器(机、イス、書庫、ロッカー)、アルミ製品、空缶、空ドラム缶、銅線、ガスコンロ、自転車(サドル、タイヤを除く)、とたんクズ、スクラップ
(13)ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず ガラス板、ガラス繊維製品、空ビン類、製造工程で発生するコンクリートブロック、陶器製品、レンガ、タイル、FRP製品、石膏ボード
(14)鉱さい 高炉等からの残さ、不良鉱石
(15)がれき類 工作物の新築、改築、除去に伴って生じたコンクリートの破片、レンガの破片等
(16)動物のふん尿 畜産農業から排出されるもの
(17)動物の死体 畜産農業から排出されるもの
(18)ばいじん 電気集じん機捕集ダスト、バグフィルター捕集ダスト
(19)上記の18種類の産業廃棄物を処分するために処理したもの コンクリート固形化物など
(20)その他 前述した廃棄物、航行廃棄物、携帯廃棄物を除く輸入された廃棄物

上記に含まれないもので「特別管理産業廃棄物」というものもあります。
爆発性、毒性、感染性など人の健康や生活に被害を及ぼす可能性のある特別な産業廃棄物がこれに当たります。

産業廃棄物を捨てるにはどうしたらいい?

産業廃棄物

産業廃棄物を取り扱うには、各自治体によって発行された「特別な許可証」が必要になります!
よって、許可証を持った専門業者に依頼するのが一般的な流れです。
その許可証を持っていないにも関わらず、産業廃棄物を取り扱うことはできませんのでご注意ください。

産業廃棄物を取り扱う業者の検索方法

全国の産業廃棄物処理業者及び特別管理産業廃棄物処理業者を検索するには、環境省のサイトを活用してみましょう。

<環境省 産業廃棄物処理業者情報検索システム>
https://www.env.go.jp/recycle/waste/sanpai/index.php

以上、産業廃棄物についてお分かりいただけたでしょうか?
20種類全て覚える必要はありませんが、排出するごみが産業廃棄物なのか、一般廃棄物なのかは知っておく必要がありそうですね。