会社(事業系・法人)ではじめて粗大ゴミ(産業廃棄物)を捨てる時に読むガイドサイト【東京23区】

食品廃棄物って? 基本と業者選びのコツを知ろう

居酒屋やレストランなどの飲食店、食品加工の工場などから出る食品の残さや食べ残し、ロスなどは、「食品廃棄物」となります。
食品廃棄物の基本や、食品廃棄物をきちんと回収してくれる失敗しない廃棄物処理業者の選び方について解説します。

食品廃棄物って?


そもそもどんなものを食品廃棄物と言うのでしょうか? 大きく分けると、工場などの製造工程で排出される「産業廃棄物(動物性残さ)」と調理過程で出る野菜くずや食べ残し、賞味期限切れの食品などの「一般廃棄物」に分けられます。

一般廃棄物と産業廃棄物

「一般廃棄物」は事業活動に伴って出る「事務系一般廃棄物」と家庭から出る「一般廃棄物」に分けられます。
一般廃棄物は市区町村ごとに処理のルールが決められており、各自治体の決めた通りに処理します。
「事務系一般廃棄物」は、小売店が廃棄した食料品や賞味期限切れのお弁当、飲食店や給食の食べ残しなどになります。家庭ごみとして自治体が指定する集積所に出してしまうと、不適正処理になってしまう場合もありますので、必ず市区町村に確認しましょう。

工場などの食品製造段階で出される「産業廃棄物(動物性残さ)」は、都道府県等の許可を得て処分するか、認可を受けた委託業者へ処理を委託します。

産業廃棄物 ・工場などの製造段階→動植物性残さ
一般廃棄物 ・スーパーなどの流通段階→売れ残り、食品廃棄
・飲食店などの消費段階→調理くず、食べ残し、食品廃棄

食品廃棄物のリサイクル


食品廃棄物はリサイクルが可能で、ただ処分するだけでなく、有効に活用することができます。
リサイクルとして有効活用される傾向と、その理由について見ていきましょう。

リサイクルを進める食品リサイクル法

それでは、ここで「食品リサイクル法」を見ていきましょう。
簡単に言うと「食品製造工程から出る材料くずや売れ残った食品、食べ残しなどの「食品廃棄物」を減らし、リサイクルを進めるため、生産者や販売者などに食品廃棄物の減量・リサイクルを義務付けた法律。」となります。
これは、環境に優しく、地球の資源を大事に使おうという一環で定められました。

すべての食品関係の事業者が対象となり、年間100tを超える食品廃棄物を出す事業主には報告が義務付けられ、罰則もあります。(一般家庭の食品廃棄物は対象外です)

2019年7月12日公表された新たな基本方針では、各再生利用等の実施率を2024年までに、食品製造業は95%、食品卸売業は75%、食品小売業は55%、外食産業は50%に一部引き上げられました。

どんなリサイクルがあるのか

回収された食品廃棄物は、どのようにリサイクルされるのでしょうか?

食品廃棄物のリサイクル用途は、

  • ・「肥料」
  • ・「飼料」
  • ・「メタン」
  • ・「油脂・油脂製品」
  • ・「ファインケミカル(単一の化学物質)」

などになります。
リサイクル率が高いのは肥料や飼料となっています。

食品廃棄物の処理業者の選び方

それでは、食品廃棄物を処理する際に、どのように業者を選んだら良いのでしょうか?
これまで見てきた通り、特に多量排出事業者様にとっては排出される食品廃棄物のリサイクルが大きなポイントとなります。そのため、廃棄物処理業者の中で、リサイクルに強く、実績のある業者を選ぶのが良いでしょう。
さらに、産廃系であれば「産廃エキスパート」や「優良産廃処理業者」といった認定を受けている業者なら、より安心して食品廃棄物の依頼をできます。

「優良産廃処理業者認定制度」って何? 上手に活用して良い業者を見つけよう!

処理業者が違反をすると依頼した側にも罰則が

飲食店や工場などの食品廃棄物を出す事業者は、廃棄物処理業者に依頼して回収・処理してもらいます。
もし、その依頼をした業者が適正に処理せず、誤った方法で処理した場合、その責任と罰則は依頼をした排出事業者(食品廃棄物を出した飲食店や工場)にも科されます。

安さだけではなく、信頼できる業者かを見極めることが大事です。

産廃処理業者の不正転売が発覚したケースも
回収した廃棄物を産廃処理業者が不正転売していたケースがあります。大手外食チェーンの消費期限切れ冷凍食品がきちんと処理されず、食品加工会社へ転売されていたのです。さらに、転売された冷凍食品は、一般家庭の食卓へ…。
この事態が発覚し、大手チェーン側が全社員一丸となって事件の解明に向かい迅速な対応を行ない被害を最小限に留めたため、会社が潰れるような事態にまではなりませんでした。しかし、この対応が遅れた場合、会社のイメージダウンとなり、致命傷にもなりえます。
きちんとした食品廃棄物処理業者を選ぶことは、自社を守ることにもつながるのです。

信頼できる業者に依頼を

粗大なびでは、「産廃エキスパート」や「優良産廃処理業者」の認定を持ち、食品廃棄物のリサイクルに強い信頼できる業者をご紹介することも可能です。
食品廃棄物でお困りの際は、お気軽にご相談ください。

プロにお任せ!当サイトが選ぶおすすめ産廃業者

「優良産廃処理業者認定制度」って何? 上手に活用して良い業者を見つけよう!

「優良産廃処理業者認定制度」を知っていますか?

産廃処理業者の優良化を推進することを目的とした国の制度で、廃棄物処理法施行規則に定められた厳しい許可基準をクリアした優良な産廃処理業者を、都道府県や政令市が審査して認定する制度のことです。

2011年4月より運用が開始されていて、認定された業者の数は全処理業者のわずか1%ほどです(2016年10月調べ)。

この優良認定制度のしくみを知り、上手に活用して、より良い業者を選ぶようになりましょう。

優良産廃処理業者認定制度とは

産廃処理業者が「優良産廃処理業者認定制度」の認定を受けるためには、下記の基準をクリアする必要があり、各都道府県・政令市が審査し、認定します。

認定基準概要 内容
実績と遵法性 5年以上の事業実績があり、その間に改善命令等の不利益処分を受けていないこと。
事業の透明性 許可の内容や過去3年間の処分の受託量など定められた情報をインターネットで一定期間継続して公表していること。
環境配慮の経営 ISO14001、エコアクション21等の認証を受けていること。
電子マニフェスト 排出事業者から要望があった場合に電子マニフェストが利用可能であること。
健全な財務体質 自己資本比率や経常利益等が一定の基準を満たしていること。

このように、処理業者の健全性などが審査されるため、認定された処理業者へより安心して処理を委託することができます。

優良認定業者を選ぶメリット

適切な業者を選ぶことが、会社自身の安心と信頼につながる

優良産廃処理業者に認定された処理業者を選ぶメリットには、どういったものがあるでしょうか?

例えば、ゴミを出す側(排出事業者)がマニフェスト発行義務を順守していても、廃棄物処理を委託した産廃業者が不正に処理した場合、排出事業者にも責任が生じます。

それは廃棄物処理法では、「事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならない。(第3条)」と規定されているためです。

このため、排出事業者は、適切に廃棄物を処理できる処理業者を選ばなくてはならないのです。

優良認定業者を選ぶメリットは、排出事業者自身の安心と信頼を守ることにもつながります。

許可証に「優良」の記載があるかをチェック

優良認定業者かそうでないかを見分ける簡単なポイントは、その処理業者が取得している「許可証」を見ることで判別できます。

優良認定を受けた処理業者は、許可証に「優良」の記載がされるため、許可証を確認するとわかります。

産廃処理業者を選ぶ際は、ホームページなどでその処理業者の許可証を確認し、「優良」の記載があるかをチェックするようにしましょう。

優良認定された業者を調べる方法

それでは、数ある産廃業者の中から、どうやって優良認定された業者を見つけたら良いのでしょうか?

すでに取引のある業者に依頼する際や、見積もりを依頼しようと思っている業者がいる場合は、その業者の許可証を確認して優良の記載がされているかをチェックすることで判別できますが、新しく優良の業者を探したい場合はどうしたら良いのでしょうか?

下記のリンクの産廃情報ネット等で調べることができますので、地域やフリーワードで検索して業者を調べてみましょう。

また、すでに取引のある業者の名前でも検索することもできます。

優良認定業者を調べる

優良産廃処理業者ナビゲーションシステム(優良さんぱいナビ)

「優良産廃処理業者認定制度」の認定を受けた処理業者をこちらで検索することができます。

業者の許可情報等を調べる

さんぱいくん(データ閲覧・検索)

産廃情報ネットの処理業者を検索するシステム「さんぱいくん」で、産廃業者の許可の内容や処理状況などを確認することができます。

処理業者と管理業者を検索する

産業廃棄物処理業者情報 検索システム

全国の産業廃棄物処理業者と、特別管理産業廃棄物処理業者を検索できます。

許可が取り消された業者を調べる

産業廃棄物処理業・処理施設許可取消処分情報

都道府県・政令市によって、産業廃棄物処理業の許可または産業廃棄物処理施設の設置許可を取り消された処理業者の情報を検索できます。

おわりに

「優良産廃処理業者認定制度」の基本とメリットについて、いかがでしたでしょうか。せっかくの国の認定制度なので、この機会にしっかり活用し、良い業者選びに役立てましょう。

ほかにも、東京都の優良認定業者「産廃エキスパート」などの認定制度もあるため、またの機会にご紹介いたします。

本当に信頼できる!? 良い産廃業者を見抜く5つのポイント


あなたが契約する事業者は、本当に信頼のおける業者でしょうか?
また、良い産廃業者を見抜き、選ぶにはどうすればいいのでしょうか?


2016年に発覚した、大手カレーチェーン「COCO壱番屋」の廃棄冷凍ビーフカツの横流し問題
企業側は、ごみを適正に処理事業者に依頼していたにも関わらず、処理事業者の不正行為によって、本来は廃棄されるべき廃棄食品が、また市場に出回っていたという、とんでもない事件でした。
まさに「そんなことがあるなんて!」と世間を驚愕させることとなりました。

不正を犯した処理業者側が罰則を受けるのはもちろんですが、不正に巻き込まれた企業(排出事業者)側にも責任が問われることが法律で定められています。
大手カレーチェーン「COCO壱番屋」の場合は、世間一般の企業イメージに関わったのはもちろん、排出したごみを再び引き取って、再度お金を払って別の業者に委託したりと、想定外の手間や出費などのダメージを受けることになりました。

この場合は企業の従業員がたまたま不正に気づいたことで、早めに問題が発覚したのでよかったものの、不正が長引けば長引くほど、不正に巻き込まれた企業が受けるダメージは大きくなります。

この事件で、廃棄物処理を信頼のおける業者に依頼することの重要性が浮き彫りになりました。

違法を犯していそうな業者を見抜き、より信頼のおける業者を探すことは、あなたの企業のリスクを減らし、安心して取引できることにつながります。
今日からすぐできる、良い産廃業者を見抜く5つのポイントをご紹介しましょう。

1.営業担当者からきちんとした説明がある?

ごみの処分を依頼した際には、営業担当者により、ごみ処分にかかる見積書の提示があります。

その担当者は、わざわざ現場まで足を運ぶでしょうか。
ごみ処理の見積りには、実際に現物を見てからでないと、判断しづらい場合があります。
処理に注意を要する特殊なごみや、処理しづらいごみなど、現場を見て初めて判断が発生する可能性があります。

また、廃棄物処理は国の法律によって管理されているので、専門知識を持っている担当者でないと分からない難しい部分があります。
担当者に適切な知識があるかどうか、契約に関する説明や段取りの説明まできちんとなされているかまでしっかりと見極めて、信頼のおける業者かどうかの判断のポイントにしましょう。

分からない点があれば気軽に聞いてみるのもいいかもしれません。
帰ってくる答えが明確なものであれば、その後も気持ちよく取引ができる企業と判断できるでしょう。

2.その見積り、適正な金額?

見積もりを提示されて…

「えっ、そんなに安いの!?ラッキー!」

ちょっと待ってください!極端に安すぎる見積りは、業者がごみを不正に処理しているかもしれません。

また、最初は安い金額を提示して、とりあえず契約を結んでおき、当日になって不用品をトラックに乗せた後で、あれこれと追加料金を請求されることもあります。
その場合、作業を途中で中断できず、仕方なく払う羽目になってしまうこともありえます。

「見積りが安すぎるのでは?」と感じる場合は、遠慮なく担当者に見積りの内容を確認してみましょう。
曖昧な回答でごまかされたり、やたらと契約を急がせようとする場合は信頼の置ける業者とは言えません。
安さに惑わされず、それが適正な価格であるかどうか、きちんとした説明があるかどうかをチェックしましょう。

3.業者がきちんとした資格を持っている?

その業者は、産業廃棄物を取り扱う許認可を持っていますか?
持っている場合、ホームページや名刺などにその旨が記載されているはずです。
期限や取り扱いの範囲まで、必ず確認しましょう。

また、基本的な許認可に加えて、これからあげる資格も判断の基準になります。

「優良産廃処理業者認定制度」

優良産廃処理業者認定制度は、環境省によって定められた優良認定制度で、取得している業者は全処理業者のわずか1%しかいません。
認定基準として、これらのポイントが掲げられています。

  • 「遵法性」…5年以上の産廃処理業の実績があり、その間に不利益処分を受けていないか
  • 「事業の透明性」…取得した許可の内容や施設の管理状況などをインターネット等で公開し、明確にしているか
  • 「環境配慮の取組」…SO14001やエコアクション21等による認証を受けており、環境に配慮して事業を行っているか
  • 「電子マニフェスト」…電子マニフェストシステムに加入しており、電子マニフェストの利用が可能であるか
  • 「財務体質の健全性」…法人税を滞納していないなど、信頼の置ける財務状況であるか

すべてをクリアした企業しか認定を受けることはできませんので、かなりハードルの高い認定制度ですね。
この認定制度をクリアしている企業は、体質が健全であり、信用しても良いと言えるでしょう。

また、取得している企業は、

《優良さんぱいナビ》

http://www3.sanpainet.or.jp/

から探すことができるので、ぜひ活用してみましょう。

産廃エキスパート/産廃プロフェッショナル

「産廃エキスパート」「産廃プロフェッショナル」は、東京都独自の第三者評価制度です。

「適正処理」「資源化」「環境に与える負荷の少ない取り組み」を行っている優良な業者に対して与えられ、企業としての資質やあり方まで判断基準とされています。

東京都の信頼できる産廃企業を探す場合、この制度の認定業者かどうかをチェックしてみてもいいでしょう。

認定をうけた企業はこちらのサイトから探すことができます。

《優良性基準適合認定事業者情報の検索》

https://www.tokyokankyo.jp/ninteikensaku/search.php

4.当日の作業担当者の印象が良く、信頼できるか?

信頼の置ける業者は、当日の作業もスムーズであり、隅々まで配慮できるよう、作業スタッフまできちんと教育されています。

  • 声かけなしで、勝手に作業を始めていないか?
  • 挨拶はきちんとされているか?
  • 作業者の服装は乱れていないか?
  • 急いで雇ったような、現場に不慣れな人材ばかりで構成されていないか?

当日はきちんと現場に立ち会い、信頼の置ける人材かどうかをチェックしましょう。

5.企業のメッセージに共感できるか?ホームページをチェックしよう

信頼の置ける企業は、自社のホームページなどで常に最新の情報を発信し、企業理念や代表メッセージなどが掲げられています。
また、過去の取り扱い事例や、取引先企業などが掲載されているのもかなり信頼の置けるポイントと言えるでしょう。

  • 基本的な産廃許可証はもちろん、各種資格や認定証まで掲載されているかどうか?
  • 「環境」に配慮した取り組みなどを行なっているか?
  • 社員の顔や人となりまで伝わってくるものかどうか?

などを、ホームページから判断しましょう。

 

以上、良い産廃業者を見抜く5つのポイントをご紹介しました。
見るべきところはしっかりと見て判断し、リスク管理をしっかりと行いたいですね。

プロにお任せ!当サイトが選ぶおすすめ産廃業者

信頼できる産廃業者を選ぶには、業者が法律に沿って、正しいごみの処分を行なっているかをきちんとチェックしておくことが大切ですよね。また、業者によっては取り扱うごみの種類によって、得意・不得意分野がある場合があります。
以下に紹介する業者は、当サイトが一定の基準に則っておすすめしている業者です。
事業ごみのことでお困りの方は、一度ご相談ください。

臨時ゴミの産廃業者
日常ゴミの産廃業者
薬品など特殊ゴミの産廃業者

 

◎粗大ごみなら

「(株)リサイクル・ネットワーク」

東京都大田区に本社を構え、東京都を中心とした関東エリアの臨時ごみの回収に力を入れている会社です。問合せ後にはすぐに営業マンが駆けつけ、しっかりと現物を見て見積りを行うので、安心してごみの回収を依頼することができます。
ごみの問題解決はもちろん、コスト削減についても実績が多数あります。

●基本情報

所在地 東京都大田区大森北1-1-5 BURG大森1F
営業時間 8:00~18:00
対応エリア 東京・千葉・埼玉・神奈川
お問合せ 03-6404-3196(代表)
ホームページ https://www.r-nw.com/

◎日常ごみなら

東京を中心に複数の事業所を持つ上場企業です。収集運搬車両を290台も保有し、ごみの取り扱い量が非常に多く、定期回収を依頼するならまず検討したい業者と言えます。
廃棄物に関するセミナーも多く開催しており、排出業者にとっても安心して取引できる企業です。

●基本情報

所在地 東京都豊島区池袋2-14-8 池袋NSビル
営業時間 9:00~17:30
対応エリア 東京23区中心
お問合せ 03-3986-5341(代表)
ホームページ https://www.kaname-k.co.jp/

◎化学薬品や危険物の処理なら

アサヒプリテックは、さまざまな産業分野で需要が広がる貴金属やレアメタルを、独自の技術とノウハウでリサイクルしている企業です。主な取扱い物は宝飾品や医療分野のフィルム、水銀などの特別管理産業廃棄物や半導体などの処分・リサイクルを行なっています。

●基本情報

所在地 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー11F
営業時間 9:00~17:30
対応エリア 47都道府県全て
お問合せ 03-6270-1820(代表)
ホームページ https://www.asahipretec.com/