会社(事業系・法人)ではじめて粗大ゴミ(産業廃棄物)を捨てる時に読むガイドサイト【東京23区】

社会全体で取り組むべき”持続可能な開発目標”、『SDGs』とは?


最近、新聞やテレビでもよく耳にするようになった「SDGs(エスディージーズ)」という言葉。「聞いたことはあるけれど、詳しくは知らない」という方も多いのではないでしょうか?
今後ますます注目されていくと思われる「SDGs」について、その意味と経緯、実際に取り組むべきことについてあらためて解説いたします。

SDGsとは、“2030年までに達成すべき17の目標”


「SDGs」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連で開かれたサミットにて国連加盟193か国により掲げられた、国際社会共通の目標です。

このサミットでは、2015年から2030年までの長期的な開発の指針として、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。この文書の中核を成す「持続可能な開発目標」をSDGsと呼んでいるのです。

SDGsが始まった経緯とは?

SDGsの前身として、2000年に国連のサミットで採択された「MDGs(エムディージーズ/ミレニアム開発目標)」が存在していました。

「MDGs」にて掲げられていた8つの目標
ゴール1:極度の貧困と飢餓の撲滅
ゴール2:初等教育の完全普及の達成
ゴール3:ジェンダー平等推進と女性の地位向上
ゴール4:乳幼児死亡率の削減
ゴール5:妊産婦の健康の改善
ゴール6:HIV/エイズ、マラリア、その他の疾病の蔓延の防止
ゴール7:環境の持続可能性確保
ゴール8:開発のためのグローバルなパートナーシップの推進

しかしこちらの目標は主に発展途上国向けの課題であったため、各国の政府が目標に対し取り組んできたものの民間企業の参入はなかなか進まないという状況にありました。

そこで資金面や技術面で民間企業を取り込もうと、達成目標を先進国の課題にまで広げ、ダイバーシティや環境問題、ジェンダー平等など先進国にとっての課題も含めた国際的な目標を定めることとなりました。
つまり、世界全体で「自分ごと」として取り組める目標として「SDGs」が掲げられたのです。

「SDGs」の”17の目標”とは


「誰ひとり取り残さない」ことを目指し、先進国と途上国が一丸となって達成すべき目標で構成されているのが特徴です。
その17の目標とは何か、具体的に見ていきましょう。

ゴール1:貧困をなくそう
ゴール2:飢餓をゼロに
ゴール3:すべての人に健康と福祉を
ゴール4:質の高い教育をみんなに
ゴール5:ジェンダー平等を実現しよう
ゴール6:安全な水とトイレを世界中に
ゴール7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに
ゴール8:働きがいも 経済成長も
ゴール9:産業と技術革新の基盤を作ろう
ゴール10:人や国の不平等をなくそう
ゴール11:住み続けられるまちづくりを
ゴール12:つくる責任 つかう責任
ゴール13:気候変動に具体的な対策を
ゴール14:海の豊かさを守ろう
ゴール15:陸の豊かさも守ろう
ゴール16:平和と公正をすべての人に
ゴール17:パートナーシップで目標を達成しよう

貧困や飢餓といったMDGsでも掲げられていた問題から、働きがいや経済成長、気候変動に至るまで、先進国においても重要な課題解決にコミットするための目標が、包括的に挙げられています。

SDGsを実践するには?

SDGsへの取り組み方は様々ありますが、粗大ナビでは『ゴミの取り扱い』に焦点を当ててご紹介いたします。

「捨てればごみ、分ければ資源」という言葉がありますが、これはまさにSDGsへの取り組みに直結する考え方です。
ごみと資源を分別することで、資源は再利用され、限られた資源の有効活用をすることができます。
また、リサイクルを意識して分別し、再利用していくことでごみの量が減ると、処分のためのエネルギーや燃料消費量の削減や温室効果ガス・有毒物質の発生量を削減に繋がります。

さらにはプラスチックごみが海洋汚染や生態系に及ぼす影響も問題視されているということもあり、分別を正しく行い、資源として再利用することは地球の環境を守ることに繋がります。

これらの取り組みはSDGsにおいて、環境に関わる「ゴール11:住み続けられるまちづくりを」「ゴール12:つくる責任 つかう責任」「ゴール13:気候変動に具体的な対策を」「ゴール14:海の豊かさを守ろう」「ゴール15:陸の豊かさも守ろう」などの目標にコミットする取り組みだと言えるでしょう。


近年注目されている「SDGs」について、いかがでしたか?
企業として取り組むべき事項から、個人でも心がけることのできるものまで様々ですが、SDGsの達成にごみの削減・再利用は不可欠であると言えます。

この機会にぜひごみの削減や再利用について考え、SDGsの達成に向けた取り組みを進めてみてはいかがでしょうか。

プロにお任せ! 当サイトが選ぶおすすめ産廃業者

・産廃業者がたくさんいて、どう選んだらいいかわからない
・違法な業者を選びたくない


業者を選ぶ時、このように思うことはありませんか?
当サイトが一定の基準に則っておすすめしている業者をご紹介いたします。
粗大ゴミ
日常ゴミ
化学薬品危険物
粗大ゴミの処理にお困りの方へ
  • 会社の粗大ゴミを捨てたいけど、どうしたらいいかわからない
  • どこに問い合わせたらいいのかわからない
  • ・粗大ゴミの見積もりをしたい

そんな時は、会社粗大なびにお問い合わせください。
ご相談やお見積もり・回収のご依頼を受け付けていますので、東京都23区で粗大ゴミの処理に困った際は、お気軽にご相談ください。

お見積もり無料! 24時間受付中