会社(事業系・法人)ではじめて粗大ゴミ(産業廃棄物)を捨てる時に読むガイドサイト【東京23区】

問い合わせ

バイオマスとは?種類や活用例について解説します。

バイオマスとは?


環境問題が深刻さを増していく中で、地球にやさしいエネルギー源としてバイオマスが注目されています。
バイオマスは「化石資源以外の再生可能な生物由来の有機性資源」と定義され、生物資源(バイオ)の量(マス)を意味した言葉となっています。

バイオマスはカーボンニュートラルの性質を持ち、二酸化炭素を増やさない資源として期待されています。
有限である資源の化石燃料とは異なり、水や二酸化炭素と太陽光さえあれば無限に生み出される「持続可能な資源」だと考えられています。

バイオマスは、熱加工等により飼料としたり、固形燃料の「木質ペレット」や機体燃料の「メタン」、液体燃料の「バイオエタノール」などに作り替えられることで発電や貨物輸送の燃料として活用されています。

カーボンニュートラルとは?

温室効果ガス(二酸化炭素、フロンガス等)の排出量と吸収量を均衡にすることにより、温室効果ガスの増加を全体としてゼロにすることを指します。
生物由来のバイオマスは元々成長過程で大気中の二酸化炭素などを吸収しており、燃焼時に排出したとしてもトータルとしての増減はないことから、環境にやさしいと言われています。

 

バイオマスの種類


バイオマスは資源中の賦存量や活用のしやすさにより下記のように大きく三種に区別されています。

廃棄物系バイオマス

主にバイオマスとして使用されるものはこれに当たります。
さまざまな場面で廃棄物として排出される生物由来の資源が有効活用されることで、ごみの量を減らし二酸化炭素の削減にもつながります。

主なもの
家畜排泄物、食品廃棄物、廃棄紙、下水汚泥、建設廃棄物(木材)、製剤工場等の廃棄物 等

未利用バイオマス

エネルギー源や原料として利用できる生物由来の資源のうちで未利用のものを指します。素材として需要が少ないことや、搬出・輸送が困難であったり発生する期間が集中していて利用しきれない、または管理などにコストがかかり低コスト化が難しいなどの課題を抱えた資源です。
バイオマス資源としての利用を促すため、労働者の確保や運搬・収集方法の見直しなどが必要であるとされています。

主なもの
稲わら、麦わら、もみがら 等

資源作物

バイオマス資源とすることを目的に栽培された作物のことを「資源作物」と言います。

主なもの
サトウキビ等の糖質資源、とうもろこし等のてんぷん資源、なたね等の油脂資源、ポプラ、スイッチグラス 等

 

廃棄物系バイオマスの活用用途・資源化技術

主にバイオマスとして再利用される生ごみの活用例を見てみましょう。
ごみの性質による用途の主なものとしては下記が挙げられます。

マテリアル


「農業用堆肥」や家畜の飼料に変換し、活用する方法があります。

飼料化

食品廃棄物(生ごみ)を熱加工等の処理により脱脂・乾燥し低水分化させ、粒状の飼料を生産する技術です。
液体飼料というものもあり、資源か可能な食品 廃棄物を水と混ぜて成分・水分調整を行い液状にしたものを豚などに与え飼料とします。
乳酸菌を混合して発酵調整し腐敗を抑制する処理などを行うこともあります。

堆肥化

微生物の働きにより、生ごみを分解して堆肥を生産する方法です。異物除去や法律に従った品質調整などが必要になります。

エネルギー


下記のように、発電のための木質固形燃料(木質ペレット)や輸送車のためのバイオディーゼルなどに変換する活用方法があります。

エタノール化

澱粉系の食品廃棄物(とうもろこし、ジャガイモ、麦など)と糖質系の食品廃棄物(サトウキビ等)を原料として微生物の反応を利用してエタノールを精製する技術です。

固形燃料化

生ごみやプラスチックなどのゴミを砕いて乾燥させ、成形して固形の燃料を製造する技術です。石炭の代わりなどに利用されます。

その他、熱分解ガス化、炭化、メタン化、バイオディーゼル化などバイオマスはさまざまな方式で再利用されます。

 

まとめ

バイオマスについて解説いたしました。SDGsなどの取り組みの推進により、私たちにとってこれから廃棄物の有効活用がますます重要なものになっていくと思われます。
有限な資源だけでなく、持続可能な資源活用への意識をぜひ高めておきましょう。

 

プロにお任せ! 当サイトが選ぶおすすめ産廃業者

・産廃業者がたくさんいて、どう選んだらいいかわからない
・違法な業者を選びたくない


業者を選ぶ時、このように思うことはありませんか?
当サイトが一定の基準に則っておすすめしている業者をご紹介いたします。
粗大ゴミ
日常ゴミ
化学薬品危険物
粗大ゴミの処理にお困りの方へ
  • 会社の粗大ゴミを捨てたいけど、どうしたらいいかわからない
  • どこに問い合わせたらいいのかわからない
  • ・粗大ゴミの見積もりをしたい

そんな時は、会社粗大なびにお問い合わせください。
ご相談やお見積もり・回収のご依頼を受け付けていますので、東京都23区で粗大ゴミの処理に困った際は、お気軽にご相談ください。

お見積もり無料! 24時間受付中