会社(事業系・法人)ではじめて粗大ゴミ(産業廃棄物)を捨てる時に読むガイドサイト【東京23区】

会社の大掃除のコツと粗大ゴミの処分方法について

先輩!部署内で年末に向けて大掃除をするみたいですが、参加しますか?

総務の女の子

もちろん!会社の大掃除は範囲が広くて大変だけど、いらないゴミをスッキリさせて、新年を迎えたいよね。

先輩

いよいよ年末。あなたの会社には年末大掃除の予定はありますか?
規模の大きい会社なら専門の業者が清掃を行うことが多いようですが、小規模の事業所やオフィスの場合、在籍する社員やスタッフ自身で行うことも少なくありません。
フロアは業者任せという方も、せめてデスク周りや日常的に使うものくらいは自分できれいにしたいですね。

会社の大掃除って必要なの?

事業者には、労働安全衛生法という法律によって、清掃は「日常行う清掃のほか、大掃除を6ヶ月ごとに1回、定期に行うこと」と定められています。

もちろん半年に1回以上でさえあれば、必ずしも年末に実施する必要はなく、専門の清掃業者に委託しても構いません。
働く場が清潔かどうかはそこに出入りする人たちの精神面にも影響を及ぼします。
身の回りを清潔に保ち、スッキリさせることで、快適に仕事を進める環境を整えましょう。

会社やオフィスの大掃除のポイント

オフィスの大掃除をスムーズに済ませるために、いくつかのポイントをお伝えします。

参加者の把握とチェックリストを作成する

会社の大掃除は清掃範囲が広いので、ただやみくもに進めても時間内で終わらせることができません。まずは参加者を決め、清掃箇所を書き出しておきましょう。
チェックリスト方式にすると、どこまでできたかがすぐに分かり、達成感が得られるのでおすすめです。

あらかじめ制限時間を決めておき、その中で終わらせる

だらだらと長く掃除しても、だんだんモチベーションも落ち、疲れてきてしまいます。
最初に時間を決めておき、その中で終わらせることが大切です。
また、中途半端に参加しない人がいると、公平感に欠き、職場の人間関係が悪くなってしまいます。なるべく決められた時間中は仕事の手を休め、積極的に清掃に参加するよう心がけましょう。

最初にゴミと不用品を捨てる

たまった段ボールや不要な書類、使わない備品や賞味期限切れの食品などは最初に処分してしまいましょう。場所が空くとスッキリし、達成感が得られます。
年末年始のゴミ収集日についてもあらかじめ調べておき、告知しておくのも大切です。

掃除用具を揃える

前日までに必要な掃除用具を揃えておくと良いでしょう。
たとえば、このようなものがあると便利です。

・ウエスや雑巾など拭き取りに使うもの
・ほうきや掃除機
・ホコリを除去するワイパー
・粘着式のカーペットクリーナー
・細かい場所を掃除するためのブラシ
・水回りを清掃するスポンジ
・場所に適した洗剤など
・軍手やビニール袋など

会社の大掃除の場所

これは会社の規模や業種によって異なりますが、基本的には身の回りの場所や、普段やらないところを清掃しましょう。具体的にはこんな場所を掃除すると良いでしょう。

・デスク周り
・玄関まわり、受付
・応接室や会議室
・トイレや洗面所
・倉庫や棚など
・階段、廊下
・ロッカールーム、更衣室

また年末年始休暇に入るのに備えて、観葉植物などに適度に水を与えておきましょう。
意外に忘れがちなのが、パソコン内の不要なデータやメールなど。
新年をスッキリして迎えるために、デスクトップをきれいにし、フォルダ分けしておくと仕事始めが捗りますね。

会社で出たゴミの処分方法について

まずは、ゴミと不用品を集め、各会社のルールに順じますが、一般的には「可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミ・粗大ゴミ」に仕分けをしてみましょう。
専用の袋に入れ、なるべくかさばらないよう圧縮して捨てましょう。

什器や棚など大型粗大ゴミの処分方法

オフィスで出る粗大ゴミは、自治体によるゴミ回収の対象外となっていることがほとんどです。オフィスで大掃除を行った際に出る粗大ゴミは、民間の粗大ゴミ回収業者に依頼しましょう。
美品など物によっては買取の対象となり、処分費用の総額から差し引いてもらえる可能性もあります。

事務所の移転時に不要になった机や書類、どう捨てる? オフィス不要品処理の4つのポイント

まとめ

以上、会社やオフィスなど事業所で行う大掃除のコツと粗大ゴミの処分方法についてお伝えしました。
会社の大掃除は大変ですが、一緒に作業することで社内の人間関係を円滑にするチャンスです。社員一人ひとりが働く環境に感謝して、心地よい仕事環境づくりを意識したいですね。

プロにお任せ! 当サイトが選ぶおすすめ産廃業者

・産廃業者がたくさんいて、どう選んだらいいかわからない
・違法な業者を選びたくない


業者を選ぶ時、このように思うことはありませんか?
当サイトが一定の基準に則っておすすめしている業者をご紹介いたします。
粗大ゴミ
日常ゴミ
化学薬品危険物
粗大ゴミの処理にお困りの方へ
  • 会社の粗大ゴミを捨てたいけど、どうしたらいいかわからない
  • どこに問い合わせたらいいのかわからない
  • ・粗大ゴミの見積もりをしたい

そんな時は、会社粗大なびにお問い合わせください。
ご相談やお見積もり・回収のご依頼を受け付けていますので、東京都23区で粗大ゴミの処理に困った際は、お気軽にご相談ください。

お見積もり無料! 24時間受付中