会社(事業系・法人)ではじめて粗大ゴミ(産業廃棄物)を捨てる時に読むガイドサイト【東京23区】

コロナ禍で気をつけるべきごみ問題。私たちにできることは

先輩!このコロナ禍で、ごみの出し方の注意点はありますか?

総務の女の子

新型コロナによってもたらされた新しい生活様式によって、各方面でいろんな影響が出ているよ。新たなごみ問題や、ごみの出し方で気をつけることを知っておこう。

先輩

自粛中、家庭ゴミが増えたという事実

今年4月から5月まで発令された緊急事態宣言。学校が休校となり、多くの家庭で自宅待機を余儀なくされました。

そんな中、通常の日常生活で排出される家庭ゴミが急増したという報道がありました。自治体によっては1割ほど増えたところもあったようです。
また、「ステイホーム」に代表される新しいライフスタイルの導入により、この機会に洋服や家具などの粗大ごみを一気に整理しようという家庭も多く、粗大ごみの受入先がパンクしてしまい、感染防止を行いながらの作業に負担を訴える自治体もありました。

ごみの出し方にも注意!コロナ禍中の新しいライフスタイル

環境省では、新型コロナウイルスなどの感染対策のための家庭ごみ廃棄についてのガイドラインをまとめています。

家庭ごみを出すときに心がける5つのポイント

1.ごみ袋はしっかり縛る

回収時に袋内のごみが飛び散らないよう、しっかり口を縛って出します。

2.ごみ袋内の空気を抜いておく

収集車内で袋内の空気が破裂しウイルスが飛散されることを防ぎます。

3.生ごみの水切りはしっかりと

生ごみの約80%は水分です。水切りをすることで、ごみ重量の約10%を減らすことができます。また夏場の悪臭対策にもなります。

4.普段からごみの減量を心がける

ごみの量が減ることで回収する現場の負担も軽減され、回り回って節税にもつながります。

5.各自治体のルールに従って排出する

粗大ゴミの出し方や資源物の出し方などは、各自治体のホームページや配布物などで確認しておきましょう。燃えるごみに缶やビンなどが混じっていたりすると、それを取り除く作業員の方の負担になり、感染リスクも増えます。

また、環境省では使用済みマスクの捨て方についてもガイドラインを発表しています。

新型コロナウイルスなどの感染症の疑いのある人の使用済みマスクの捨て方

1.ごみに触れない

家庭内に感染者がいるかもしれない時は、使用済みマスクやティッシュに触れないようにします。

2.上記のごみは袋に入れて密封する

マスクやティッシュなどウイルス付着の可能性があるごみは、ビニール袋などに入れてしっかり口をしめて捨てましょう。

3.ごみを捨てた後はしっかりと手を洗う

手に付着しているかもしれないウイルスを洗い流す効果があります。

(出典:新型コロナウイルス感染症に係る廃棄物対策について取りまとめた資料/環境省)

誰しもがウイルスを保菌しているかもしれない今、新型コロナ感染が判明しているにも関わらず上記の対策を行った方が安心と言えそうですね。

コロナ禍で問題に。新しいごみの出現

フランスの環境非営利団体が、5月の活動報告内において、地中海で大量の使い捨てマスク、手袋、除菌ボトルが流出していると指摘しています。これらを「covid waste(コロナごみ)」と名付け、さらに深刻化する可能性があると警鐘を鳴らしているとのことです。

最近は、街中でマスクが道路上に落ちているのを見かけることが増えました。道路にマスクを捨ててしまったりすることのないよう、一人一人がマナーを心がけて生活する必要がありそうです。

プロにお任せ! 当サイトが選ぶおすすめ産廃業者

・産廃業者がたくさんいて、どう選んだらいいかわからない
・違法な業者を選びたくない


業者を選ぶ時、このように思うことはありませんか?
当サイトが一定の基準に則っておすすめしている業者をご紹介いたします。
粗大ゴミ
日常ゴミ
化学薬品危険物
粗大ゴミの処理にお困りの方へ
  • 会社の粗大ゴミを捨てたいけど、どうしたらいいかわからない
  • どこに問い合わせたらいいのかわからない
  • ・粗大ゴミの見積もりをしたい

そんな時は、会社粗大なびにお問い合わせください。
ご相談やお見積もり・回収のご依頼を受け付けていますので、東京都23区で粗大ゴミの処理に困った際は、お気軽にご相談ください。

お見積もり無料! 24時間受付中