会社(事業系・法人)ではじめて粗大ゴミ(産業廃棄物)を捨てる時に読むガイドサイト【東京23区】

飲食店の粗大ゴミを捨てる際の3つのポイント

飲食店のリニューアルや閉店の際に排出される「粗大ゴミ」

厨房機器、ショーケース、椅子やテーブルなどの什器まで、種類は多岐に渡ります。

これらはどのように捨てたら良いのでしょうか? また、捨てる際に気を付けることとは?

飲食店や店舗から出た「粗大ゴミ」の処分方法

居酒屋やレストランなどの飲食店から出る粗大ゴミは、どのように処分したら良いのでしょうか?

一般家庭のように、自治体に手数料を払って引き取ってもらえるのでしょうか?

飲食店などの事業活動から出た粗大ゴミは、産業廃棄物の場合「排出事業者処理責任の原則」という、ゴミを出した人がきちんと処理しないといけない廃棄物処理法の決まりがあります。

もし気づかずに間違った方法でゴミを捨ててしまうと、ゴミを捨てた本人に重い罰則が科せられることもあります。

回収・運搬は、「産業廃棄物収集運搬業許可」を、処分は「産業廃棄物処分業許可」を持った、信頼できる「産業廃棄物処理業者」に委託して、適切に処理してもらいましょう。

飲食店の粗大ゴミの品目

それでは、飲食店から出る粗大ゴミはどういった品目があるのか、見ていきましょう。

  • ・椅子、テーブル、ソファー、棚、回転什器、ディスプレイラック、商品棚、倉庫ラック、ショーケースなどの店舗什器
  • ・シンク、調理台、冷蔵庫、冷凍庫、食洗機、レンジ、オーブン、ビールサーバー、調理器具、ラック、食器小物などの厨房機器
  • ・パソコン、レジ、券売機、エアコン、加湿器、電話、オーディオ機器、照明器具、暖房器具、掃除機、空気清浄機などの家電機器

種類がとても多いことがわかると思います。

厨房機器や店舗什器などは、状態によっては買取ができる場合もあるため、コストの削減のために買取ができる業者を選ぶのも良いでしょう。

飲食店の粗大ゴミを捨てる際に気を付ける3つのポイント

それでは、飲食店で粗大ゴミを捨てる際のポイントを3つ見ていきましょう。

1その捨て方は法令遵守かどうか

もし無許可の業者や不法投棄を行う業者に委託した場合、ゴミを出した側(排出事業者)にも罰則が科せられることがあります。

そうならないためには、

「委託に必要な許可証を確認する」
「処理委託契約を書面で交わす」
「マニフェストを発行する(産業廃棄物の場合は必ず)」
「最後まで適正処理されたかチェックする」

等をチェックし、信頼できる業者に委託しましょう。

2買取&リサイクルをしてもらえるか

ゴミ処理の際は、できるだけ費用は抑えたいもの。

店舗什器や厨房機器などは、状態によっては買い取ってもらえる可能性があります。

不用品の回収だけでなく、買取もしてもらえる業者を選びましょう。

また、買取まではいかないけれど、リサイクルに回すことでコストを抑えられる場合もあるため、回収&買取&リサイクルと、幅広く対応してもらえる業者を探すことも大事なポイントです。

3閉店の場合は現状回復か居抜きかを確認

飲食店を閉店する際は、店舗什器をそのままにする「居抜き」か、コンクリート打ちっぱなしの現状回復「スケルトン工事」か、店舗の契約により変わってきます。契約書類などで確認するようにしましょう。

スケルトン工事で現状回復の場合は、粗大ゴミの回収業者と、スケルトン工事の業者それぞれに依頼する場合がありますので、気をつけましょう。


飲食店の粗大ゴミを捨てる際に気を付けるポイントについて、いかがでしたか?

ゴミを捨てる時は、すっきりと素早く後を濁さず捨てたいものですよね。

信頼できる業者を見つけたいけど、どう探せばいいかわからない—そんなお困りの時は、粗大なびでもご相談を受付ますので、ぜひお気軽にご相談ください。

プロにお任せ! 当サイトが選ぶおすすめ産廃業者

・産廃業者がたくさんいて、どう選んだらいいかわからない
・違法な業者を選びたくない


業者を選ぶ時、このように思うことはありませんか?
当サイトが一定の基準に則っておすすめしている業者をご紹介いたします。
粗大ゴミ
日常ゴミ
化学薬品危険物
粗大ゴミの処理にお困りの方へ
  • 会社の粗大ゴミを捨てたいけど、どうしたらいいかわからない
  • どこに問い合わせたらいいのかわからない
  • ・粗大ゴミの見積もりをしたい

そんな時は、会社粗大なびにお問い合わせください。
ご相談やお見積もり・回収のご依頼を受け付けていますので、東京都23区で粗大ゴミの処理に困った際は、お気軽にご相談ください。

お見積もり無料! 24時間受付中