会社(事業系・法人)ではじめて粗大ゴミ(産業廃棄物)を捨てる時に読むガイドサイト【東京23区】

日本で主流の方法は?プラスチックの3つのリサイクル方法について知ろう

先輩!廃プラスチックがどんなものかということについては分かったんですけど、リサイクルってどんな方法でされているんですか?

総務の女の子

プラスチックのリサイクルは、大きく分けて3つの方法があるんだ。今から詳しく見てみよう。

先輩

プラスチックの3つのリサイクル方法

プラスチックリサイクルには、3つのリサイクル方法があります。

  1. 1.マテリアルリサイクル
  2. 2.ケミカルリサイクル
  3. 3.サーマルリサイクル

の3種類です。

それぞれについて、解説していきましょう。

 

マテリアルリサイクルとは?

製品化されたプラスチック製品を、再び素材として資源化し、新しい製品に生まれ変わらせることです。たとえばペットボトルを細かく砕いてペレット化し、再度ペットボトルとして活用したり、異なるプラスチック製品に作り替えたりします。

より純粋なペレット生成のためには、純度の高いプレスチックをマテリアル化する必要があります。なので、ペットボトルの場合は「ラベルをはがす」「きれいに洗って乾かす」「ふたを取る」などの細かい配慮が必要です。

マテリアルリサイクルは、資源を循環させるという意味で、比較的環境にやさしいリサイクル手法です。

ケミカルリサイクルとは?

使用済みの資源を、そのままではなく、化学的に分解して組成変換することにより、新たな化学製品の原料に生まれ変わらせることです。

従来、使用済みのペットボトルを新品のペットボトルに作り変えるのは、不純物が混じったりする問題があり、技術的に難しいとされてきました。しかし化学分解により使用済みPETボトルをPET樹脂に加工することで、このケミカルリサイクルによって「ボトルtoボトル(BtoB)」と呼ばれるリサイクルが可能になりました。
ケミカルリサイクルも、比較的、環境にやさしいリサイクル手法と言えます。

サーマルリサイクルとは?

上記の方法でリサイクルができないプラスチック製品を焼却処理し、その際に発生する熱エネルギーを回収、利用することです。
回収したエネルギーは、発電や冷暖部、温水などの熱源として利用されています。
プラスチックを焼却する際に二酸化炭素を発生させるので、上記の2つのリサイクル方法に比べると、環境への負荷が高い方法です。

しかし、廃プラスチックを不燃ごみとして埋め立てるよりも、焼却する方がごみの容積が小さくなり、また埋め立ての際に発生するメタンガスなどの有害物質も生まれません。
これまでプラスチックを焼却炉で燃やすことは、ダイオキシン発生などの問題が指摘されていましたが、近年の焼却施設や焼却技術の発達により、以前のような有害物質などが発生することも少なくなっており、多くの自治体がこの方法を採用しています。

3つのリサイクル方法についてはよく分かりました。
日本で一番多く行われているリサイクル方法はなんですか?

総務の女の子

上で紹介した中で、日本で一番多く行われているリサイクル方法は「サーマルリサイクル」。なんと5割以上がサーマルリサイクルされているよ。

先輩

日本で主流の「サーマルリサイクル」。
しかし単に焼却することを、本当の意味での「リサイクル」と呼んでも良いのか?などの議論もあります。

より環境に優しいリサイクル方法が広まるためには、ごみを出す側の意識も大切になります。

今、世界ではたとえばスターバックスなどがプラスチックのストローやカップを極力使わないようにしていくなど、「プラスチックごみを削減する」努力をしています。
日本でもその流れに乗り遅れないよう、今一度、プラスチックごみについて考えていく必要がありますね。